ブリッジモードとは?Wi-Fiルーターのモードの違いを解説!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

高速通信を可能にするWi-Fiルーターには、モードがいくつか用意されています。その中の一つのブリッジモードは、どのようなモードなのでしょうか。

今回は、Wi-Fiルーターにあるモードの違いについて紹介していくので、参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターにあるモードの種類

Wi-Fiルーターには、主に3つのモードが用意されています。「ルーターモード」・「ブリッジモード/APモード」・「中継機モード/WBモード」です。

それぞれ、どのような特徴があるのか紹介していきます。

・ルーターモード

Wi-Fiルーターの上位に設置されている機器に、ルーター機能がない場合やルーター機能が無効になっている場合は、Wi-Fiルーターをルーターモードで動作する時に活用されます。

Wi-FiルーターのルータースイッチをAUTOにしている場合、上位機器のルーター機能有無を判別して、自動でWi-Fiルーターのルーター機能のON/OFFが切り替わるようになっているのが特徴です。

・ブリッジモード/APモード

Wi-Fiルーターの上位に設置されている機器に、ルーター機能があり、ルーター機能が有効になっている場合は、Wi-Fiルーターのルーター機能をオフに動作するのがブリッジモードです。

Wi-FiルーターのルータースイッチをAUTOにしている場合、上位機器のルーター機能有無を判別し、自動でWi-Fiルーターのルーター機能のON/OFFが切り替わるようになっています。

・中継機モード/WBモード

Wi-Fiルーターを中継機として、利用する場合に活用できるモードです。中継機/WBモードにすることで、Wi-Fiルーターと接続することができます。

ブリッジモードの使用方法

Wi-Fiルーターのモードの一つであるブリッジモードは、どのような時に活用することができるのでしょうか。使用方法について紹介していきます。

・モデムやONUにルーター機能がある場合

回線事業者からレンタルしたモデムやONUなど、Wi-Fiルーターよりも上位に設置されている機器にルーター機能がある場合は、ブリッジモードを活用します。

このモードによって、二重ルーターになることを抑制することが可能です。トラブルもなく、複数のネットワーク機器を使用することができます。

・ルーターが複数ある場合

オフィスなどでWi-Fiルーターを活用する時、端末台数が多くて、ネットワークの規模が大きくなってしまうと、ネットワーク内に複数のルーターが設置されることがあります。

複数ある場合に、ルーター機能が必要ないルーターをブリッジモードにすれば、二重ルーターの状態を避けることができ、正常な動作が実現できるのです。

・ONUにルーター機能がない場合はルーターモード

ONUやモデムを所有していたとしても、ルーター機能が搭載していない場合は、ルーター機能付の無線LANアクセスポイントを用意して、ルーター機能を有効にする必要があります。

ルーター機能が無効になっていると、インターネットへの接続ができなくなるので注意しましょう。

Wi-Fiルーターの注意点

Wi-Fiルーターは、接続や設定を誤ってしまうと、インターネットに接続できなくなる可能性があります。どのような注意点があるのか紹介していきましょう。

・二重ルーターに注意

ルーターが設置されている環境下に、新しくルーターが設置される場合、二重ルーターが発生し、全体の通信速度が低下するきっかけになる恐れがあります。

ネットワークが複雑化してしまい、安定した接続ができなくなるので注意しましょう。

・DHCPサーバー機能が2つ以上あると正しく動作しない

ルーターはIPアドレスを自動で割り当てるDHCPサーバー機能があります。このDHCPサーバー機能は、1つのルーターが複数の機器にIPアドレスを割り当てることで、同時にインターネットへの接続が可能です。

ただDHCPサーバー機能が有効になっている複数のルーターがある場合は、間違ったIPアドレスが割り振られてしまう恐れがあります。

その場合、インターネットに接続できないトラブルに発展する恐れがあるので、注意が必要です。

・ルーター機能を全てオフにしてはいけない

複数のルーターがある場合、二重ルーターを抑制するため、ルーター機能をオフにすることがあります。

しかし完全にルーター機能をオフにしてしまうと、IPアドレスの割り当てができなくなるので、インターネットへの接続が出来なくなるのです。

ルーター機能をオフにする場合は、上位機器はオフにしないようにしましょう。

Wi-Fiルーターは正常に稼働するためモード変更がある

Wi-Fiルーターにあるモード変更は、ルーターが正常に動作するために、必要な機能であるため搭載されています。

それぞれ、ルーターの環境によって、自動でモードを切り替える機能がついているので、安心してネット利用を行うことが可能です。

しかし途中で、ルーターを入れたり、設定を手動で変更した場合は、正常に動作できなくなる可能性があります。

どうしても原因がわからない場合は、メーカーのカスタマーサポートに連絡して、どう対処すればいいのか確認してみてください。

二重ルーターにならないように、モード変更は重要な要素になっているので、モードの違いを理解して設定を変更することも時には大切です。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ