縛りの契約期間なしで契約できるモバイルwi-fiルーター購入のポイント

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

解約時の違約金や解約金が不要なモバイルwi-fiルーターを購入したい方から選ばれているのが、契約期間なしで購入できるものです。例えば、一時的に在宅勤務をすることになり、その期間だけ使いたい方などからも選ばれています。
縛りがあるものに比べてどのようなメリット、デメリットがあるのかについてご紹介しましょう。

期間なしなどの縛りのないモバイルwi-fiルーターとは

一般的にモバイルwi-fiルーターは2年から3年の最低利用期間が定められているものが多く、この途中で解約した場合には解約金が発生するのですが、この最低利用期間が定められていないものが契約期間なしモバイルwi-fiルーターです。

つまり、比較的すぐに解約したとしても違約金がかかりません。どれくらいの期間使うかわからない、もしかしたらすぐに解約するかもしれないといった方でも利用しやすいです。

モバイルwi-fiルーターの縛りなしのメリット・デメリット

自分に向いているかどうかわからない方のために、モバイルwi-fiルーターを契約期間なしで購入するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

どのサービスを契約するのかによっても多少違いがありますが、契約期間なしなので、使いたい時だけでも検討できるのがメリットです。
また、契約期間が定められているものと異なり、基本的に解約したとしても解約金などの違約金は発生しません。

短い期間だけ借りたいと考えている方にもぴったりだといえるでしょう。また、通常3,300円かかる事務手数料がかからなかったり、安く設定されたりしているところがほとんどなので、このあたりもメリットだといえます。
また、レンタル契約の扱いになるので端末代金を購入するためにかかる費用について心配する必要はありません。

レンタルするよりも購入したほうが安く済むと考えてしまいがちですが、契約期間なしのモバイルwi-fiルーターは、実際に購入した場合と同じくらいの費用で使用することができるのもメリットです。コスパ重視で検討したい方も十分選択肢に挙がるでしょう。

デメリット

デメリットとして注意しておかなければならないのが、レンタルできる端末は新品ではなく、中古のものがほとんどです。これは、端末を使い回す形で費用を抑えているためなので、最新機種の新品が欲しいと考えている方には向いていません。

また、レンタルサービスの扱いになるので、クーリングオフは利用できない点も注意しておきましょう。契約期間なしではありますが、サービスの中には解約を申し出た翌月末が解約できるタイミングになるものもあり、すぐに解約したくても1~2ヶ月程度の料金が発生するものもあります。
クーリングオフが利用できないこともあり、最低でも初月の利用料金は必ず発生する点を理解しておきましょう。

また、一部のサービスではデータ量が制限されるプランを導入しているものもあるため、通信量が多い方は自分の使い方に合った容量も用意されているか確認が必要です。

契約期間の縛りなしwi-fiの注意点

契約期間の縛りがなく、契約も解約も検討しやすいことからあまり深く考えず申し込みをしてしまう方もいますが、以下のポイントに注意が必要です。

速度制限にかかる可能性

「月間で使用できるデータ量に制限がない」というのを、いくらでも快適に使用できると勘違いしてしまう方がいますが、確かに使用できるデータ制限はなかったとしても、各サービスで定められている容量を超えた形で使うと速度制限になる可能性があります。

速度制限にかかると極端に回線速度が遅くなり、ちょっとした内容のホームページなどを開くだけでもかなり時間がかかるようになるので注意しましょう。なお、速度制限中に動画を見たり、通信量の多いアプリゲームをプレイしたりすることはできません。

途中でプランが変更できないサービスもある

どのようなプランが用意されているかはサービスによって異なりますが、複数のプランがあるモバイルwi-fiルーターの場合、最初に契約したプランから変更できない場合があります。
あとから他のプランに変更しようと考えた際には、一度期間なしのプランを解約して契約し直さなければならないケースもあるので、よく検討したうえでプランを決めましょう。

クーリングオフの対象にならない

軽く先述しましたが、レンタルサービスであるため、購入という形で契約した場合に対象になる初期契約解除制度(クーリングオフ)は利用できません。クーリングオフ制度を使用し、料金がかからない状態で複数社のサービスを比較することなどは不可能なので、注意が必要です。

メリットとデメリットを理解した上で検討を

期間なしで契約できるモバイルwi-fiルーターはメリットが大きいですが、ご紹介したようにデメリットもあるので、十分に検討した上で契約を決めるようにしましょう。サービスによって料金やレンタル可能な端末、特徴なども異なります。
人によってはレンタルではなく、購入して利用したほうが安くつくようなケースもあるので、比較しながら検討してみてはいかがでしょうか。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ