Wi-Fiの仕組みとは?セキュリティが高くて安心!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

無線でインターネット接続することができることから、便利に活用されているWi-Fiですが、仕組みについては意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、誰でもわかるWi-Fiの仕組みについて紹介していくので、参考にしてみてください。

Wi-Fiとは?

スマートフォンやパソコンに無線接続することができるWi-Fiとは、そもそもどういう物なのでしょうか。

Wi-Fiとは、無線LANの規格のことで、「Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)」の団体名からきています。

有線LANのケーブルで繋ぐという作業の手間を省くことができ、気軽にインターネットを利用することができる事で、Wi-Fiが普及したのです。

Wi-Fiの仕組みについて

無線でインターネット接続が可能なWi-Fiは、便利に利用することができます。しかし、どのような仕組みになっているのか、実際に知っているという方は少ないでしょう。

そんな方のために、Wi-Fiの仕組みについて紹介していきます。

・Wi-Fiは固定回線を使った無線ネット接続

Wi-Fiは固定回線を有線で接続しなくても、インターネット接続することができる技術のことを指しています。固定回線を利用することから、高速通信を実現することができるので、ストレスなくネット利用することが可能です。

ただ中には、最大速度が光回線よりも遅いケースもあるので、Wi-Fiルーターの種類には十分注意しないといけません。

Wi-Fiはどのようなセキュリティの仕組みになっているのか?

Wi-Fiは、無線の電波に侵入されないように、セキュリティ面が強化されている特徴があります。中には、Wi-Fiへの接続を認証したり、暗号化される技術でいくつかの暗号化方式があるのが特徴です。

どのようなセキュリティの仕組みになっているのか、紹介していきます。

・WEP

無線LANが使用された頃から、継続的に使用されている簡素な暗号化方式で、「WEP(ウェップ)」といいます。設定が簡単であることから、解読されやすいのが難点です。

ただ専門知識がないと、簡単に侵入することは難しいので、それほど問題視するほどのセキュリティではありません。

・TKIP

WEPから進化させた無線セキュリティとなっており、多少複雑なセキュリティとなっています。8~63文字のパスワードから構成されているため、解読することは難しいレベルです。

・AES

WEPやTKIPを進化させ、複雑化したセキュリティとなっています。相当な知識がないと解読することが難しいため、セキュリティ面では優秀です。

・WPA/WPA-PSK

WPAはWi-Fiの業界団体が認証した無線LANの暗号化方式で、外部から侵入することはほとんど難しいでしょう。

Wi-Fiルーターの役割

Wi-Fiルーターは、無線で接続することができるため、ケーブルを利用する必要がありません。そんなWi-Fiルーターでは、どのようなことが実現できるのか、役割について紹介していきます。

・Wi-Fiルーターで実現できること

Wi-Fiを利用するためには、Wi-Fiルーターが必要になります。Wi-Fiルーターがあれば、通信業者と契約したインターネットの信号を無線の電波に乗せることができるので、ケーブルを接続しなくても、数十メートルの範囲に電波を飛ばすことが可能です。

旅行先や出張先の宿泊施設でも、有線LANでインターネット接続することができる場所に、Wi-Fiルーターを持ち運べば、そこをアクセスポイントとすることができ、Wi-Fiでネット通信を楽しむことができます。

・PPPoEの設定も可能

ルーターにはPPPoEというインターネット設定が可能です。PPPoEは、インターネット契約する際に、プロバイダから与えられるインターネット接続のためのユーザー名とパスワードのことを指しています。

通常は、プロバイダからレンタルされているONUといった光回線に、ルーター機能が内臓されており、PPPoEが設定済みであることが多いのですが、無線ルーターが付加レンタルされ、ルーター部分にPPPoEを自分で設定して利用する必要があるのが特徴です。

ただ光電話を使用せず、無線LANのオプションも申し込んでいない場合は、ONU単体のみのレンタル提供となるので、PPPoEを設定する機器がないことから、自分でWi-Fiルーターを用意して設定する必要が出てくるでしょう。

Wi-Fiはスマホの容量を消費せずに済む

Wi-Fiを利用するメリットとしては、スマホをネット利用する際に、データ制限はかからないという点になります。

携帯電話でネット検索やアプリを利用すると、データ通信がかかるのが特徴です。キャリア契約を行うと、月額どれくらいのデータ通信ができるのか、契約の時点で決められています。

月に契約した以上のデータ通信を行うことはできませんが、Wi-Fiを利用すれば、携帯のデータ通信を利用することなく、ネット利用することができるので、データ制限を気にすることなくネット利用が可能です。

Wi-Fiの仕組みを理解すればより快適なネット利用が実現

Wi-Fiの仕組みを理解することで、なぜ無線でインターネット接続することができるのかわかります。またセキュリティ面も把握することで、安全に利用することができるのか、判断することができるでしょう。

Wi-Fiを利用すれば、携帯のデータ制限を気にすることなく、快適なネット利用を実現することができます。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ