skyberry

データローミングとは?海外の高額通信料に注意

国内で利用している携帯端末を国外でも同様の設定で使用する際、そのままでは通信が利用できない場合があります。こういった問題を解決してくれるのがデータローミングです。

データローミングは便利である一方で、知らないうちに通信料がとんでもない価格になってしまうケースがあります。データローミングを使用する際は、仕組みや使い方を十分に理解しておくことが大切です。
今回は、データローミングを使用する際に気を付けていただきたい高額通信料について解説します。海外で携帯端末を使用する際は、ぜひ参考にしてください。

スカイベリーのモバイルWi-Fiは、海外でも大容量でWi-Fiをご利用可能です。
海外での対応国はこちらからご確認くださいませ。

海外でも通信が利用できる仕組み「データローミング」

データローミングとは

スマートフォンのような通信機器は、発した電波を基地局や交換局などが介することで電話や電子メール、データのやり取りが可能になるようになっています。

電波のやり取りを行うためには、携帯電話会社との契約が必要です。日本の携帯電話会社が日本中ほとんどの場所でも電波のやり取りができるようにしているため、国内では通信機器が使用できます。
では、電波の届かない場所ではどうなるでしょうか。たとえば海外の場合、契約している携帯電話会社の電波が届かないため、そのままでは通信が行えません。

これを可能にするのが、データローミングです。海外にいる際、現地にある通信会社を介することで、自分が契約している日本のキャリア通信を可能とします。データローミング機能があれば、特別な契約などを行わなくても、海外でそのままのキャリア通信が行えます。

近年、発売されているスマートフォンなどの通信機器にはほとんどデータローミング機能が備わっているのです。ちょっとした旅行や急な海外出張の際には便利でしょう。

知らない間に通信料がとんでもない価格になっている場合がある

データローミング機能は確かに便利ですが、一方で気を付けなければならない点もあります。もっとも気を付けたいのが、通信料です。日本で利用する場合、パケット定額や通話料無料など、どれだけ通信を利用しても一定の額内で収まる契約サービスを利用するのが一般的でしょう。

データローミングでは、自分が契約している通信会社ではなく、現地のものを利用する都合上、そういった定額サービスの範囲外となってしまいます。1パケットにつき、あるいは一定の通話時間につき、といった具合に従量制課金が採用されます。

日本で利用しているときと同じ感覚でデータローミングを使用して通信すると、とんでもない通信料を請求されてしまうかもしれません。データローミングを使用する際は、どれくらい通信を行いたいのかよく確認しておきましょう。

国内でのデータローミング

データローミングは、基本的に海外など国内で利用していた携帯電話会社の電波が届かない場所で使用するものです。よって、国内でデータローミングを使用することは基本的にありません。

環境によって電波が拾えないために、データローミングを使用するといったこともありません。データローミングの設定がオンだったとしても、勝手にほかの通信会社を介して通信することはないため、ご安心ください。

データローミングが使用されるシーン

データローミングは、主に海外で使用することが多い機能です。どういった場合にデータローミングを使用するのが最適なのか、シーンを具体的に見ていきましょう。

とくにデータローミングをよく使用されるのは、短期的であったり、急ぎの用事で海外に行くことになる場合です。
たとえば、急に海外出張が決まってしまった場合、契約の変更や現地で利用できる端末を別に用意する時間が確保できないことがあるでしょう。このような場合には、設定1つで使用できるデータローミングが大活躍します。

このほかにも、短い期間で海外に行く際にはデータローミングを使用するとよいでしょう。短期間の海外旅行であれば、少しだけ通信を使用するならデータローミングのみの利用で十分です。この場合でも、たとえば動画をたくさん視聴するなど、多くの通信を行う場合には注意しなければいけません。

また、安定した通信や安全性を確保したい場合には、データローミングがおすすめできます。昨今、日本と同様に海外でも観光客向けにフリーWi-Fiが各施設などに設置されています。

フリーWi-Fiは便利な一方で、セキュリティ面においてはかなりリスクが伴います。安全性を確保したうえで通信を行いたいのであれば、料金がかかるデータローミングを使用したほうがよいでしょう。

海外でデータローミングを使用する3つのメリット

海外でデータローミングを使用する場合、3つのメリットが得られます。高額な通信料が発生するリスクとのバランスを考えて利用を検討しましょう。

1.特別な契約を行わずに使用できる

データローミング機能は、昨今登場している多くの通信機器に備わっており、特別な契約を行わずに設定を変更するだけで利用できます。

2.端末をレンタルしない

専用の機器をレンタルして海外での通信を行えるようにするサービスの場合、端末を紛失してしまうリスクが伴います。海外に行くのが不慣れな方にとっては、気を付けたいポイントです。

3.専用のコールセンターがある

データローミングは簡単に利用できる一方で、専用のコールセンターが設けられているのも嬉しいポイントです。何かあった際の備えとして確認しておきましょう。

データローミングのオフ設定で変わること

データローミングを使用しない場合は、設定をオフにしておきましょう。データローミングをオフにしておくと、以下3点が変わります。

1.データ料金がかからない

データローミングがオンの設定になると、日本の携帯電話会社の電波が拾えない環境になった段階で料金が発生します。電源をオフにしておけば当然発生しませんが、入れた時点で電波を拾うので料金がかかります。

とくに操作していなくても、スマートフォンはバックグラウンドでさまざまな通信を行っているためです。使用しないのであれば、渡航前にデータローミングの設定をオフにしておきましょう。

2.そのままではキャリア通信が使用できない

データローミングがオフになっていれば、通信を利用できないため料金が発生しません。しかし、そのままではキャリア通信が使用できないので、大変に不便です。別で、モバイルWi-Fiなど通信を行うための用意をしておきましょう。

3.通話は可能

データローミングがオフだからといって、すべての通信が行えないわけではありません。音声通話は利用できます。最低限、通話での連絡が行えれば十分なのであれば、データローミングの設定はオフのままでもよいでしょう。

データローミングの注意点

データローミングの注意点

データローミングを使用する際や逆にオフの設定で海外に行く際は、あらかじめ3つの注意点について把握しておいてください。

1.プランが適用される対象国を確認しておく

利用しているキャリア会社によっては、データローミングでも定額で利用できるパケットプランが用意されている場合があります。あらかじめこういったプランで契約していれば、海外でデータローミングを利用して高額な通信料を請求されることがありません。
ただし、どのような場所でもプランが適用されるとは限りません。これから自分が向かう先でプランが適用されるのかよく確認しておきましょう。

2.使用しないなら渡航前に設定しておく

データローミングは、電波を拾ってしまう範囲に入った段階で電源が入っていると、料金が発生してしまいます。意図しない料金が発生してしまわないように、データローミングを使用しないのであれば、渡航前からあらかじめオフに設定しておきましょう。

3.緊急時に備えて連絡先を確認しておく

海外に行った際、緊急事態が発生してデータローミングの窓口に問い合わせる必要が出てくるかもしれません。データローミングがオフでも音声電話は使用できますので、渡航前にあらかじめ確認しておきましょう。
データローミングを使用する場合、使用しない場合でも必要になるかもしれませんので、どちらのケースでも確認しておくことをおすすめします。

海外で携帯端末を使用するならモバイルWi-Fiがおすすめ

データローミングに関する料金設定は、昨今では大手キャリア会社でも見直しが進められており、以前よりも低価格で利用できるようになってきています。

しかし、いくら安くなってきたといっても、モバイルWi-Fiのほうが低コストかつ便利に使えるので大変おすすめできます。海外向けのモバイルWi-Fiサービスは多くあり、それぞれで特徴やサービスの内容は異なります。

スカイベリーは、海外での使用に適切なモバイルWi-Fiサービスを展開しています。国内ではもちろんのこと、アジアやアメリカ、ヨーロッパで利用しても、1日90円(月額費用4,378円から)で使用可能です。

スカイベリーのモバイルWi-Fiでは新しい端末を使用しているため、軽量で使いまわしがよく、さらに高速通信を可能としています。優れたバッテリーを搭載しており、連続で使用する場合最大で12時間稼働できます。
海外まで足を運ぶ際は、ぜひスカイベリーの利用をご検討ください。

海外に行く際はスカイベリーのモバイルWi-Fiがおすすめ

データローミングは確かに便利な部分もありますが、高額な通信料が発生するリスクが伴います。国内にいるときと同じ感覚で通信が行えないのは大変に不便でしょう。

とくに海外が不慣れな方にとっては、通信機器が頼もしい存在になるかもしれません。自由に通信が行えるように、モバイルWi-Fiの利用がおすすめできます。

ぜひ、スカイベリーのモバイルWi-Fiの利用をご検討ください。

\多彩な国内プランの詳細を確認する/

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ