レンタルwi-fiでの動画視聴は注意が必要!プランの選び方は?

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

レンタルwi-fiを契約すると、高速回線でインターネットが利用できるようになるので非常に便利です。しかし、動画の視聴を検討している方は通信量について十分注意しておかなければなりません。 プランを選ぶ際のポイントと注意しておきたいことについてご紹介するので、参考にしてみてください。

レンタルwi-fiは動画の視聴も大丈夫?

レンタルwi-fiでは、大きな通信量を必要とする動画の視聴ができないと考えている方もいますが、そんなことはありません。契約している容量の範囲内で視聴が可能です。

例えば、入院することになって毎日暇そうだから動画で時間をつぶしたいといった方からもレンタルwi-fiが選ばれています。

動画視聴に必要な通信量の目安

どのような形で視聴するかによって必要な容量は変わってきます。特に重要なのが、画質です。画質が高ければ高いほど多くの通信を必要とします。一例についてご紹介しましょう。

YouTubeの視聴

YouTubeは視聴する際の画質をいくつかの種類の中から選べます。伝えば、かなりの低画質である240Pの場合、通信量は1分あたり3MBほどとなり、5時間半から6時間ほどで1GBを消費するのです。

一方でHD画質である720Pは1分あたり18MBほどの通信量となり、1時間ほどで1GBを消費します。このように、画質によってかなり違いがあるので気をつけましょう。

動画配信サイト

動画配信サイトは、どのサービスを利用するのかによってデータ通信量が大きく異なります。一般的には、1時間で2GB程度消費するサービスが多いので、このあたりを参考にしてみてください。

動画視聴が多い場合のレンタルwi-fi利用プランの選び方

パソコンやタブレット、スマートフォンなどで動画視聴をする予定の方は、プラン選びに注意が必要です。基本的にレンタルwi-fiで制限があるプランは、「1日あたり○MB」までというように定められています。これを念頭に置きながら最適なプランについて考えてみましょう。

600MBだとかなり厳しい

通常プランとして300MB程度の格安プランを用意しているサービスもありますが、YouTubeの視聴で考えてみると、10分ほど動画を観ただけで300MBに達してしまいます。

また、大容量プランの600MBで考えても視聴できるのは20分ほどです。

一日に5~10分程度の動画を1~2本を観られれば良い方なら検討できますが、そうでない場合はあまりおすすめできません。

1GB~のプランが無難

例えば1.1GBあればYouTubeが45分ほど視聴できます。長めの配信を観たいと考えている方も、これくらいなら足りる方が多いのではないでしょうか。

やはり無制限が安心

無制限プランならデータ容量を気にする必要がありません。たくさん視聴する予定の方は、無制限プランを選択しましょう。

ただ、気をつけなければならないのが「短期制限」と呼ばれるものです。これは、月間でデータ容量の制限はないプランでも、「3日で10GB以上」のように定められている容量を超えた通信を行うと速度制限がかかってしまう仕組みのこと。このような制限もなく、本当の意味で無制限のものは非常に少ないです。

ただし、短期速度制限にかかったとしても1Mbps程度の速度は出るのが一般的だといえます。これくらいの速度が出ればYouTubeの普通画質程度なら問題なく視聴できるので、それほど心配いらないでしょう。

また、制限される時間帯も夜から深夜にかけてなので、日中の視聴に影響を与えることはほぼありません。

レンタルwi-fiを利用した動画視聴で注意したい事

特に気をつけておきたいポイントについてご紹介します。

複数人で利用するとすぐ容量に達する

レンタルwi-fiは複数人で利用できるのも大きな魅力なのですが、例えば2人で同時に接続してそれぞれが動画を観たりすれば、その分多くの通信量が発生してしまいます。何人で使うかも考えた上でプラン選びをしましょう。

病院で視聴する際の注意点

入院した際に、暇な時間を潰すためにレンタルwi-fiを契約して動画視聴しようと考えている方も多いです。しかし、インターネットの接続可能場所が限定されている病院もありますし、中にはレンタルwi-fiの持ち込みを禁止している病院もあるため、事前に確認しておかなければなりません。

速度制限で快適に視聴できなくなることもある

一般的な速度制限にかかった場合、速度が大幅に落ちるので動画の視聴は難しくなります。先述した短期制限の場合はYouTube程度なら視聴ができる場合もありますが、動画配信サイトの中には最低でも3Mbps程度の速度がなければ視聴できないものもあるため、サービスによっては視聴できなくなる可能性についても考えておきましょう。

料金と容量の両方に注目

プランによっては動画を視聴するとすぐに速度制限の対象になってしまう可能性もあるので、通常プランよりも大容量のプランを検討するのがおすすめです。

ただし、大容量のプランはその分利用料金が高くなってしまうので、レンタルwi-fiにいくらまで費用をかけられるのかよく考えた上、検討してみてください。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ