海外でもWi-Fiを使用するための設定方法とは?注意点についても解説!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

海外でも快適なネット通信を実現するためには、Wi-Fiの設定方法を理解しておくことが大切です。設定について注意しておかないと、データ通信量が膨大になってしまったり、後から自動保存できないという事態に発展する恐れがあります。

今回は、Wi-Fiの設定方法と注意点について紹介していくので、参考にしてみてください。

Wi-Fiの設定方法

Wi-Fiのルーターを持ち運んで海外でもネット通信の利用を可能にするのであれば、事前に設定が必要になります。設定としてはネットワークIDを選択して、パスワードを選択することができるので、Wi-FiルーターのネットワークIDとパスワードの確認方法を理解しておくことが大切です。

まず設定方法としては、スマートフォンのモバイルネットワークを停止し、Wi-Fiルーターのスイッチを入れてください。

次に、スマートフォンのWi-Fiをオンにして、指定のネットワークIDを選択し、パスワードを入力すれば、Wi-Fiルーターに接続することができます。

Wi-Fi設定を行う際の注意点

海外でWi-Fiを使用する際に、いくつか注意しないといけない点があります。どのようなことに注意し、設定はどのように行うのか紹介していくので、参考にしてみてください。

・モバイルデータ通信をオフ

海外でWi-Fiを使用する場合は、モバイルデータをオフにしないといけません。モバイルデータがオンの場合だと、データ通信量が膨大になってしまい、後々高額請求されてしまう恐れがあります。

iPhoneの設定としては、設定アプリからモバイル通信を選択。モバイル通信の中にある「モバイルデータ」をオフにすることで、安心して海外でもネット通信を利用することが可能です。

Androidの場合は、設定から「ネットワークとインターネット」を選択。モバイルネットワークを選択し、その中にある「モバイルデータ通信をオフ」にすることで、モバイルデータ通信をオフにすることができます。

・クラウドサービスの自動バックアップ設定をオフ

クラウドサービスの中には、自動バックアップを取ることで、自動保存が実現できる便利な機能がついているものがあります。しかし海外でクラウドサービスの自動バックアップ設定がオンになっていると、膨大な通信量が発生するリスクがあるのです。

iPhoneでは設定からAppleIDを選択し、iCloudを選択しましょう。iCloudの「iCloudバックアップ」をオフにすることで、自動バックアップ設定をオフにすることができます。

Androidの場合は、クラウドサービスの種類によって、設定の方法が異なるのが特徴です。その中でも、自動バックアップされることが多い「Googleフォト」の自動バックアップ設定をオフにする方法を紹介していきます。

まずGoogleフォトを開き、メニューボタンから設定を選択してください。次に、「バックアップと同期」を選択。「バックアップと同期」をオフにすることで、設定は完了です。

・アプリ自動更新の設定をオフ

アプリの中には、アップデートを自動で行う機能が備わっています。 しかし海外でアプリ自動更新が行われてしまうと、膨大な通信量がかかる可能性があるので、しっかり設定をオフにしておきましょう。

iPhoneの設定では、設定から「iTunes StoreとApp Store」を選択します。その中にある「自動ダウンロード」をオフにすることで、設定をオフにすることが可能です。

Androidの場合は、「GooglePlay」を開き、メニューボタンから設定を選択しましょう。その中にある「アプリの自動更新」を選択し、「アプリを自動更新しない」を選ぶことで、自動更新の設定をオフにすることができます。

・Wi-Fiアシストをオフ

携帯の中には、Wi-Fiアシスト機能が搭載されている端末もあります。Wi-Fiアシスト機能はWi-Fiの接続状態が悪い場合に、モバイルデータ通信に切り替える機能であるため、途中で切り替わらないためにもオフにしておくことが大切です。

設定はiPhoneのみで、設定から「モバイル通信」を選択し、「Wi-Fiアシスト」をオフにすることで、設定は完了します。

・機内モードについて

携帯端末は微弱な電波が流れていることから、機内モードに切り替えないとトラブルに発展してしまう恐れがあります。

iPhoneの設定では、設定アプリから機内モードをオンにすることで、設定を行うことが可能です。飛行機を降りた時には、同様の設定からオフにすることで解除することができます。

Androidの場合は、設定から「ネットワークとインターネット」を選択し、機内モードをオンにすることで設定することが可能です。オフにする場合は、同様の設定から切り替えることができます。

海外でWi-Fiを利用するなら設定を慎重に行う

海外でWi-Fiを利用する場合、誤ってデータ通信がかからないように、設定を慎重に行う必要があります。設定せずに海外に携帯端末を持っていってしまうと、データ通信量が大きくなってしまうので注意しましょう。

後から高額請求が発生しないためにも、今回紹介した設定方法を参考に実施してみてください。

設定漏れがあると、自然とデータ通信料が高くなるので大変です。 快適なネット通信を実現するためにも、設定をしっかり実施しておきましょう。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ