Wi-Fiと携帯回線の違いとは?海外旅行に行く前に理解しておこう!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

ネット利用が可能なWi-Fiと携帯回線は、同じように考えてしまう方もいますが、仕組みが異なり、違いを理解しておかないと海外旅行先で失敗してしまう恐れがあります。

Wi-Fiと、携帯回線の違いとはどのような部分が言えるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

Wi-Fiと携帯回線の違い

Wi-Fiと携帯回線は、ネット通信が出来るという点では、似たような性質を持っていますが、仕組みや特徴が異なります。それぞれ、どのような違いがあるのか詳しい内容を紹介していきましょう。

・携帯回線の仕組みと特徴

携帯回線とは、携帯電話の電波を使用することでネット通信などを可能とすることができる回線のことを指しています。音声通話に利用することができ、データのやり取りにも携帯回線が活用されることがあるのが特徴です。他にも、メールやLINE、ウェブサイトの閲覧なども可能にしてくれます。

圏内であれば、ネットを繋げることができ、携帯回線を利用してデータのやり取りをすることを「モバイルデータ通信」・「パケット通信」と呼ぶのが特徴です。またやり取りするデータのことは「パケット」という単位で呼ばれています。

3G・4GLTEというのは、携帯回線のバージョンのことを指しており、新しいバージョンは4Gとなり、4Gの方が通信速度が速いです。

携帯ショップで耳にすることがある「パケット定額」とは、パケット通信料の上限を定めて、一定の使用を認めるといった契約内容となっています。

特徴としては、ネットに繋がるエリアが広く、音声通話とSMSには必須の回線です。ただデータ通信速度は、Wi-Fiと比較すると遅いとされています。

・Wi-Fiの仕組みと特徴

Wi-Fiは、無線LANと同様の意味合いで使用されることが多く、スマホやパソコンなどの端末を無線でインターネットに接続するのが特徴です。

Wi-Fiは、高速でデータをやり取りすることができ、携帯回線よりも高速でデータ通信ができます。自宅にWi-Fiルーターを設けることで、電話回線がなくても、メールやLINEなどの利用やSNSなどのネット接続が必要なアプリの起動も可能です。

ただキャリアの音声通話とSMSは、電話回線特有の電波でのやり取りが実現されているものなので、Wi-Fiではやり取りすることができません。

Wi-Fiは、自宅にルーターを設けることでデータのやり取りを行うだけでなく、ホテルやカフェ、ショッピングモール、駅周辺などで利用することもできます。これらのWi-Fiは「公衆無線LAN」とされており、無料であることがほとんどです。

Wi-Fiの電波は届く範囲が決まっており、ルーターから50~300メートルの範囲でなければ、Wi-Fiを利用することができません。

他にも、Wi-Fiを繋げるためには、接続パスワードの入力が必要になります。

特徴としては、繋げる範囲が限定的で、携帯キャリアの音声通話とSMS以外はWi-Fiでデータのやり取りを行うことが可能です。Wi-Fiを接続していれば、通信量は変わらず、電話回線でパケット代が請求される心配もありません。

海外でも携帯回線が使用できる国際ローミング

通常は、携帯回線の圏外である海外に行くと契約しているキャリアの携帯は、ネット通信することができません。ただ提携しているキャリアの圏内であれば、通信設備によって普通に通信することができるのが「国際ローミング」です。

ただ国際ローミングの注意点としては、提携していない現地キャリアとも繋がってしまうリスクがあるという点になります。

通信方式や周波数帯が同じであれば、キャリア同士が提携していなくても、繋がってしまう恐れがあるのです。

提携していないキャリア回線を利用してしまうと、通信料が高額になってしまう恐れがあるため、海外に行く際にはモバイルデータ通信をオフにする必要があります。

海外でネット通信を利用するならモバイルWi-Fi

海外で電話回線が繋がってしまい、膨大な通信量がかかってしまうことを回避するためには、海外Wi-Fiを持っていく必要があります。フリーWi-Fiもありますが、フリーWi-Fiはセキュリティ面から不安があるため、安心してネット通信を利用することは難しいでしょう。

そのため、安全にネット通信が可能になるモバイルWi-Fiを利用することをおすすめします。

モバイルWi-Fiであれば、4Gで通信速度も早く、大容量プランを選択すれば、快適なネット利用を実現することが可能です。

海外旅行から帰ってきた時に、通信代が高額になっていて驚いたということを防ぐためにも、モバイルWi-Fiを利用しましょう。

Wi-Fiと携帯回線の違いを理解して海外旅行に行こう

Wi-Fiと携帯回線は、どちらもネット通信ができますが、仕組みや特徴が異なります。そのため、海外に行く時に携帯回線を繋げたままにしていると、通信代がかかってしまう恐れがあるでしょう。

通信代などのトラブルに発展しないためにも、Wi-Fiと携帯回線の違いを理解してから、設定変更を行い、モバイルWi-Fiに接続するようにしてください。

モバイルWi-Fiであれば、安全で快適なネット通信を実現することができます。海外旅行に便利なので、ぜひ購入を検討してみてください。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ