フリーwi-fiのセキュリティ対策にはVPNアプリが便利!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

外出先で自由に接続して使えるフリーwi-fiは、公衆wi-fiとも呼ばれ、さまざまな場所で提供されています。

観光客向けのサービスですが、観光客ではなくてももちろん利用可能。ここでは、フリーwi-fi利用時に心得ておきたいセキュリティ対策について紹介します。

フリーwi-fi利用時のセキュリティ対策

フリーwi-fiは名前のとおり無料で利用できるwi-fiです。しかし誰でもアクセスできるからこそ、思わぬ落とし穴が隠れている可能性も。

フリーwi-fiの危険性

悪質なフリーwi-fiはあえて暗号化せずにサービスを提供し、そこに接続した人の通信を盗聴したり、偽のサイトに誘導したりして金銭や個人情報を騙し取るケースがみられます。

通信内容を傍受するだけではなく、メールを送り付けてウイルスに感染させたり、パスワードを盗むために入力を促したりすることも。

直接端末に侵入されるケースも少なくないため、フリーwi-fiの使用前には以下のポイントに注意しておきましょう。

暗号化されているwi-fiを使用する

まず、フリーwi-fiは必ず暗号化されているものを使用しましょう。

アクセスポイントが暗号化されている場合鍵マーク(アイコン)がつけられており、パスワードとなる暗号化キーを入力しなければなりません。

ただしwi-fiの暗号化には「WPA」「WPA2」「WEP」のようにいくつかの種類に分かれています。この中で注意しなければならないものが「WEP」です。

WEPは暗号化技術の中でもっともセキュリティレベルが低く、第三者が簡単に解読できてしまうので、実質暗号化の意味がない場合も。

iOSスマホでは、WEPを使ったアクセスポイントへの接続時に「セキュリティに関する勧告」と表示され、Androidの場合はネットワーク名の近くに暗号化方式が記載されます。

パソコンでもwi-fiのネットワーク設定からセキュリティの種類が確認できるので、外でテレワークを行う際は必ず確認し、WEPにアクセスすることは避けるようにしましょう。

HTTPS化されているURLを見極める

暗号化されたwi-fiを使うことに加えて、アクセス先のサイトが「https」と表示されているかも忘れずにチェックを。

httpsとは、従来のhttpに暗号化を加えたもの。HTTPS通信とも呼ばれ、端末とサーバーの間で行われる通信が暗号化されるので、パスワードなどを盗み取られる心配が少なくなります。

自動接続設定をオフにする

スマートフォンでは、以前接続したwi-fiにもう一度自動接続する設定が搭載されています。

この設定をオフにしていないと、なりすましのフリーwi-fiにも自動接続するおそれがあるため、必ずオフにしておきましょう。

セキュリティアプリを入れる

誤って悪質なwi-fiに接続した場合、通信を自動的に暗号化するVPNという技術があります。フリーwi-fi専用のセキュリティアプリにはこのVPN技術が搭載されています。

VPNスマホアプリとは?

セキュリティアプリと同じ役割をするVPNアプリは、Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)と呼ばれる技術で仮想のプライベートネットワークを作り、盗聴やサイバー攻撃を防ぎます。

無料版と有料版の2種類に分かれますが、無料版でも使い勝手の良いものがたくさんあります。なかには手動で設定ができるものや、24時間サポートがついているアプリもあります。

有料のものは日本語以外の言語やLTE・3Gへの対応ができるもの、日本以外の国で使えるものなど、手厚いサポートが受けられます。

VPNスマホアプリの使い方

VPNアプリはダウンロード後にインストールを行い、有料版を選択する場合は支払い情報を登録します。

その後、VPN接続を許可するかどうか質問が出るので、使用できるように設定をして、VPNをオンにすると接続が完了します。

無料版などで注意しなければならないのは、通信の際のログを保存し、第三者に渡している悪質なアプリ業者があるということです。

アプリ自体、信頼性の低いものと高いものが存在します。必ず通信ログが残らないVPNアプリを選ぶようにしましょう。

セキュリティ対策を万全に

フリーwi-fiは外出先でも気軽に通信が楽しめるので、観光客をはじめ多くの利用者に人気です。

しかし一方でアクセス者の情報を盗み取り、端末に入り込むなどの犯罪をはたらくフリーwi-fiもみられますので、セキュリティ対策は万全に。

外出先や旅行先でwi-fiを安全に使うなら、正しくセキュリティ対策されたレンタルwi-fiもぜひ活用してみてください。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ