Wi-Fiの履歴はどこまで残る?削除方法とは

Wi-Fiが自宅や職場に用意することで、プライベートあるいは仕事中でもコードレスでストレスなくインターネットを使用できます。昨今ではこういった場所以外に、喫茶店やバス、人通りの多い地域の屋外など、さまざまな場所でWi-Fiが設置されています。

Wi-Fiを利用するうえで、注意したいのが接続や閲覧の履歴です。自宅で自分だけが使用するWi-Fiならともかく、職場や喫茶店など自宅以外でインターネットを利用する場合は注意しなければなりません。
本記事では、Wi-Fiを利用するうえで気をつけたい履歴について、削除方法とあわせて紹介します。

Wi-Fiの履歴がどこまで残るのかパターン別にご紹介

Wi-Fiは、今や身の回りのさまざまな場所に設置されています。今回は、Wi-Fiの履歴がどこまで残るのか、自宅用と職場用、そしてオープンスポットにおける場合の3つのパターンにわけてご紹介します。

1.自宅用のWi-Fiは基本的に履歴が残らない

自宅での使用を前提としたWi-Fiルーターでは、基本的に接続や閲覧に関する履歴を確認できません。実際のところ履歴に関するデータは残るのですが、確認するためには相当専門的な知識をもっている必要があります。

また、Wi-Fiルーターの種類によっては、接続履歴が残り、確認できるものもあります。また、昨今数が増えてきているポケットWiFiは、契約者が個人になるため、接続・閲覧ともに履歴の確認は不可能です。

2.職場のWi-Fiは接続・閲覧履歴が確認できる場合がほとんど

職場のWi-Fi事情は、会社と契約を結んでいる回線会社によって異なります。ですが、基本的には接続および閲覧に関する履歴は、管理者が簡単に確認できる状態にあるケースがほとんどです。ほとんどの職場でWi-Fiの履歴が確認できるのには、以下2つの目的があります。

・セキュリティ対策
・さぼり対策

メインとなる目的は、1つ目のセキュリティ対策です。職場では、業務に関わる情報を扱います。自社の社員だけでなく、社外の人物に関わる個人情報やプロジェクトデータなど、重要な情報も含まれます。こうしたデータが社外に漏れると、重要な責任問題に発展してしまうかもしれません。

Wi-Fiは、コードレスで使用できる反面、パスワードなど必要な情報さえあれば誰でも接続できてしまいます。万が一の事態に備えて、悪意のある接続がわかるように履歴の確認が可能になっているのです。コンピュータウイルスに感染した際にも、履歴が確認できるようにしておくことで原因となった機器やアクセス先を割り出せます。

また、Wi-Fiの接続および閲覧履歴は、会社にとってさぼり対策の役目も持っています。リアルタイムで履歴を確認しているケースは少ないですが、残ってしまっているのは確かなので、不要な使用は避けたほうがよいでしょう。

3.オープンスポットのWi-Fiは履歴の確認以上のリスクを抱えている

喫茶店やバス、人通りの多い地域の屋外といったさまざまな場所にも、Wi-Fiルータが設置されています。自宅や職場以外でもインターネットを使用できるため、便利に感じるかもしれません。しかし、接続および閲覧に関する履歴には注意しましょう。

オープンスポットのWi-Fiは、職場と同様に接続および閲覧履歴がいつでも確認できるようになっています。万が一、悪用されたときに犯人を見つけ出すためです。また、利用者がどういったサイトを閲覧しているのかを確認して、お店のマーケティングに活用しているケースもあります。人に見られて恥ずかしくなるような履歴は残さないほうがよいでしょう。

加えて、オープンスポットのWi-Fiは誰もが利用できる状況であるがゆえに、重大なリスクを抱えています。特殊な技術をもっている人が悪用すれば、オープンスポットのWi-Fiを利用して、ほかの利用者の端末にウイルスを送り込んだり、情報を抜き取ったりといったことも可能なのです。

Wi-Fiの接続・閲覧履歴を削除するのはかなり難しい

Wi-Fiの接続や閲覧の履歴は、簡単に確認できる状態であったり、専門的な知識をもっていたりすれば把握できます。しかし、それはあくまでも管理者の話です。
Wi-Fiの接続や閲覧の履歴は、使用しているルーターに残されています。もし、自宅で使用しているWi-Fiルーターの履歴を消去したいのであれば、再起動してみましょう。接続や閲覧の履歴は、Wi-Fiルーターの再起動によってリセットされます。

職場やオープンスポットのWi-Fiの場合、履歴の削除は非常に難しくなります。Wi-Fi接続を管理している場所に権限があるため、簡単には削除できません。加えて、こういった場所の履歴はトラブルが発生したときのために残しているものであるため、消してしまっては意味がありません。
履歴を残したくないのであれば、職場やオープンスポットのWi-Fiを利用するのは避けたほうがよいでしょう。

端末に閲覧履歴を残さないシークレットモードについて

パソコンやスマートフォンでインターネットを介してサイトを閲覧するためには、ブラウザを使用します。ブラウザにはさまざまな種類がありますが、通常のモードとは別にシークレットモードが備わっているものがあります。

シークレットモードでサイトを閲覧すると、閲覧履歴やCookieが残りません。ブラウザを落とした際に、これらの情報が削除されるのです。社内用の端末を利用する際も履歴を残すことがないため、セキュリティ面の向上が期待できます。

ただし、シークレットモードはあくまでも端末に履歴を残さないだけです。ルーター側には接続や閲覧に関する履歴が残るため、注意しましょう。

Wi-Fiの履歴は基本的に消せないため不急な使用は避けるのが吉

Wi-Fiは、そのルーターに接続したり、そのアクセスによって閲覧したりといった履歴は残ってしまいます。これらの履歴の確認や削除は、Wi-Fiルーターの管理者のみが行えます。そのため、利用者側の一存での削除は非常に困難です。個人で使用している自宅用のWi-Fiであれば、ルーターの再起動で削除できます。

職場やオープンスポットのWi-Fiの履歴は、何らかのトラブルが発生したときに原因を追求するため、いつでも確認できるようになっています。勝手に削除できるような状態は、むしろ問題があるといえます。接続や閲覧の履歴を残したくないのであれば、職場やオープンスポットでの個人的なWi-Fiの利用は避けたほうがよいでしょう。

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ