ポケットwi-fiでパソコンは快適に使える?

外出先でインターネットを使いたいと思ったときに便利なアイテムがポケットwi-fiです。ポケットwi-fiを利用すればいつでもどこでもインターネットに接続できますが、本当に快適に使えるものなのでしょうか。

本記事ではポケットwi-fiの使い方や外出先でパソコンを快適に使う方法について解説します。

ポケットwi-fi でもパソコンは快適に使える!

【利用シーン別】必要とされる目安の通信速度

ポケットwi-fiと聞くとスペックにやや不安を覚えるかもしれませんが、適した通信速度のポケットwi-fiを選べば、外出先でパソコンを使うのに不便さを感じることはありません。

さまざまなポケットwi-fiが販売されているので、利用方法に合わせた製品を選ぶとよいでしょう。以下で、利用シーン別に必要とされる通信速度について解説していきます。

ウェブサイトの閲覧:1Mbps〜3Mbps

外出先でパソコンを利用してウェブサイトを閲覧する機会が多い方は、2Mbpsから3Mbps程度の通信速度のポケットwi-fiを契約するとよいでしょう。

ウェブサイトの中でも、文字情報が多いサイトを閲覧するのであれば1Mbpsから2Mbps、画像の多いウェブサイトを見ることが多い方は2Mbpsから3Mbps程度の通信速度を目安にポケットwi-fiを選ぶとよいでしょう。

これよりも通信速度が落ちると、ややストレスを感じるかもしれません。

動画の視聴:5Mbps程度

動画を視聴する場合、単にウェブサイトを閲覧するよりも通信速度の速いポケットwi-fiを使用しなければなりません。

どの程度の画質の動画を視聴するかにもよりますが、よく使われる動画サイトを利用する場合には5Mbps程度の速度が必要となります。

ただし4K動画のような非常に高画質の動画を視聴する場合には、15Mbpsから20Mbps前後の通信速度でないとスムーズに見ることができないでしょう。

ポケットwi-fiを契約する前に、どのような動画を視聴するか、どの程度の通信速度が必要かをチェックすることが重要です。

ビデオ通話:1Mbps〜3Mbps

現在多くの企業がリモートワークを推進しており、自宅や外出先でビデオ通話やビデオ会議システムを利用する機会も増えてきました。

ビデオ通話には高速通信が必要であると思われがちですが、実はそこまで通信速度が速くなくても問題ありません。

利用するシステムの種類にもよりますが、通常は2Mbps程度、グループミーティングを高画質で再生する場合でも3Mbps前後の速度が出ていれば大丈夫です。

オンラインゲーム・動画配信:5Mbps〜10Mbps

近年、対戦型オンラインゲームや動画配信を自宅以外の場所で行うケースも増えてきています。

実は、オンラインゲームや動画配信もポケットwi-fiを使って行えます。

ただしオンラインゲームや動画配信はかなりの通信速度が必要になる点に注意しましょう。

状況が刻一刻と変わるオンラインゲームの場合、最低でも5Mbps、可能であれば10Mbpsの通信速度が必要となります。

ポケットwi-fiの性能によっては通信速度が足りず、映像が止まってしまったりインターネット回線が途切れてしまったりする恐れがあります。

ポケットwi-fiを選ぶ3つのポイント

ポケットwi-fiを選ぶポイント

ポケットwi-fiはさまざまなメーカーから発売されています。多くのポケットwi-fiから自分にぴったりなものを選ぶ際は、次の3つのポイントを意識しましょう。

1. 最大通信速度

オンラインストレージサービスや添付ファイルをダウンロードする際、快適に利用したいのであれば、通信速度に着目しましょう。通信速度は「bps」で表記されており、この数値が大きい方が快適にインターネットを使用できます。

2. 対応エリア

ポケットwi-fiには対応エリアがあります。対応エリアでなければインターネットに接続ができません。そのため、外出先で使用することが多い方であれば、対応エリアが広いポケットwi-fiを選ぶのがおすすめです。

3. 実質月額料金

ポケットwi-fiの利用料金は各メーカーが発表しています。ですが、ポケットwi-fiを利用する際は、メーカーが発表する利用料金に加えて端末費用やキャンペーンによる値引きも考慮しましょう。これらを含めた金額が実質月額料金となり、お手軽にポケットwi-fiを使用したい方は、実質月額料金に着目してみてください。

ポケットwi-fi を使う方法

ポケットwi-fiでパソコンを使いたいと思っているのであれば、設定の手順などについて知っておかなければなりません。

ポケットwi-fiを使ったパソコンの設定方法について見ていきましょう。

1. パソコンがポケットwi-fi に対応しているか確認する

最初に行うべきなのは、自分が持っているパソコンがポケットwi-fiに対応しているかどうかを確認することです。現在ほとんどのパソコンはwi-fiに対応しているため問題ないはずですが、非常に古いノートパソコンを使っているのであれば注意しましょう。

wi-fiに対応しているかどうかは、コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」から確認できます。あるいはデスクトップの右下にwi-fiのマークが出てきていれば対応していることが分かるでしょう。

もしパソコンがポケットwi-fiに対応していないのであれば、パソコンにつなげるWi-Fi子機を別途購入すれば接続可能です。

2. ポケットwi-fi のSSIDとパスワードの確認

パソコンがポケットwi-fiに対応できることが分かったなら、SSIDとパスワードを確認します。

SSIDとは各ポケットwi-fiに付与されたネットワーク名のことです。ポケットwi-fi本体を操作して、SSIDとパスワードを見つけなければなりません。

操作方法は端末によって異なるので、取扱説明書を読みながら操作します。毎回操作しなくてもよいように、SSIDとパスワードは安全な場所にメモしておくと便利です。

3. パソコンをポケットwi-fi に接続する

ポケットwi-fiのSSIDとパスワードが分かれば、あとはパソコン側の接続を行えば完了です。

WindowsもMacも、通常デスクトップの上部か下部に扇状のWi-Fiのマークがあります。そのマークをクリックすると、利用可能なネットワークの中に先ほど確認したSSIDが選択肢として表示されるはずです。

ポケットwi-fiのSSIDをクリックするとパスワードを入力する画面になるので、パスワードを正確に入力します。これで設定は完了です。

ポケットwi-fi を使う際の3つの注意点

ポケットwi-fiを使う際には、いくつかの注意点を覚えておく必要があります。ポケットwi-fiでパソコンを快適に使うために留意すべき3つの注意点を見ていきましょう。

1. ポケットwi-fi がつながらない場合には端末を再起動する

ポケットwi-fiをパソコンに接続してみても、スムーズに接続できないことがあります。そんなときはポケットwi-fiとパソコンの両方を再起動してみましょう。

ポケットwi-fi自体が故障している可能性もありますが、パソコンと端末を再起動すればたいていの場合接続できるはずです。もし何度が再起動してもつながらないのであれば、サポートに電話をかけて尋ねてみましょう。

2. 速度が遅い場合にはPING値と通信量に注意

ポケットwi-fiでパソコンを利用していても、通信速度が遅いと感じることがあります。そのようなケースではPING値と通信量を確認しましょう。

PING値とはサーバーからの応答にかかる時間のことで、PING値が小さければ小さいほどレスポンスが早いことを意味しています。電波のよい所に移動したり、ポケットwi-fiに接続している機器の台数を減らしたりすることでPING値を小さくできます。

多くのウェブサイトを同時に開いたり、同時に複数のファイルをダウンロードしたりすると通信量が多くなり通信速度が下がります。あまり同時に多くの作業を行わないよう注意が必要です。

3. 通信制限と契約期間に注意

ポケットwi-fiを契約する際には契約期間に注意を払うべきです。場合によっては2年間、もしくは3年間解約できないという契約になっているかもしれません。期間内の解約には解約金が必要なケースもあり、余計な出費となる可能性があります。

さらにウェブサイトの閲覧や動画視聴に必要な10Mbps程度の通信速度が出るのであれば、通信制限が厳しくないポケットwi-fiを選ぶと快適にパソコンを使えます。

ポケットwi-fi は利用シーンと通信速度を考慮して選ぼう

ポケットwi-fiを使えば、外出先でも快適にパソコンを使ってインターネットを楽しめます。ウェブサイトを閲覧するのか、動画を見るのかといった利用シーンに応じた通信速度が出るポケットwi-fiを選ぶようにしましょう。

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ