Wi-Fiの速度が夜遅くなる理由とは?原因と対策を解説!

Wi-Fiを利用してネットに接続している方のなかには、日中は通信環境が良好だったのに夜になると途端に速度が遅くなる、という現象に悩んでいる方もいるでしょう。Wi-Fiの速度は快適にネットに接続するための重要な要素のひとつなのです。もし速度が遅くなってしまうようであれば、その原因を突き止めて対処しなければなりません。

本記事では、Wi-Fiの速度が夜遅くなる理由を紹介します。また、Wi-Fiが夜だけでなく日中も遅くなる理由、通信速度が遅いときの対処法などについても、解説します。

Wi-Fiの速度が夜遅くなるのはアクセス増が主な理由

常にWi-Fiの速度が遅いわけではなく、夜だけ遅くなるというケースは少なくありません。その場合、主な原因は夜になってネットへのアクセスが増加していることだと考えられます。

仕事や学校が終わる時間帯になって、スマートフォンやパソコンなどでネットにアクセスする人が増えると、速度が遅くなってつながりにくくなることがあります。

また、全体的にはサクサクつながるものの、特定のウェブサイトのみアクセスしにくいようなケースは、そのサイトへのアクセスが通常より増加していることが多いです。

テレビで紹介されたりSNSで注目されたりすると、一時的にアクセスが増加することがあります。特定のウェブサイトだけアクセスしづらいときは、少し時間をずらして接続し直すとよいでしょう。

昼夜問わず遅くなる場合に考えられる主な3つの理由

Wi-Fiの速度が遅くなるのが夜だけなのであればまだ我慢できるかもしれませんが、昼夜問わず遅いとなかなかストレスが溜まってしまいます。

Wi-Fiの速度が昼夜問わず遅い場合に考えられる主な理由としては、以下のようなことが挙げられます。

・回線の通信速度が遅い

・回線やプロバイダに問題が生じている

・パソコンのスペックが低い

・複数のセキュリティソフトを使用している

それぞれの理由について、説明します。

1. 回線の通信速度が遅い

Wi-Fiの接続に利用している回線の通信速度が遅いと、Wi-Fiの速度ももれなく遅くなりがちです。

とくに集合住宅などで同じ回線を複数人で利用する場合は、カタログスペックほどの速度が出ないことも多々あるので注意しておきましょう。

2. 回線やプロバイダに問題が生じている

これまでは快適に利用できていたのに急に速度が遅くなったというような場合は、回線やプロバイダに問題が生じている可能性も考えられます。

このようなケースでは、回線やプロバイダの管理側で何らかの対処を行ってくれるのを待つのが無難です。

ホームページやSNSなどで、障害情報やその対処の進捗などについて発信していることも多いので、気になる場合は確認してみるとよいでしょう。

3. パソコンのスペックが低い

通信環境が整っていてもそれに対応できるだけのスペックがパソコンになければ、通信速度が遅くなってしまう場合があります。

昔に買ったパソコンをずっと使い続けているような場合は要注意です。

4. 複数のセキュリティソフトを使用している

パソコンに複数のセキュリティソフトが入っており、同時に稼働させていると、パソコン自体の動きが遅くなることがあります。家族間でパソコンを共有していたり、人から譲り受けたパソコンを使用していたりするときは、注意しましょう。

通信速度が遅い場合の4つの対処法


通信速度が遅いと、なかなか目当ての情報や目的のサイトなどにたどりつかずに、イライラしてしまうものです。

通信速度が遅い場合の対処法としては、以下のような方法が挙げられます。

・回線を変更する

・プロバイダを変更する

・セキュリティソフトをチェックする

・パソコンを高スペックのものに買い替える

それぞれの対処法について、説明します。

1. 回線を変更する

回線の通信速度が遅い場合は、以降も通信速度が遅いままネットに接続をしなければならないことになります。

マンションやアパートなどの決まりで契約回線が決まっている場合はどうしようもありませんが、そうでないのであれば回線を変更することも検討しましょう。

プランによっては集合住宅向けではなくて、各家庭に専用の回線を引くことも可能です。その場合はほかの住民のネット利用による速度低下もなくなります。

2. プロバイダを変更する

プロバイダに問題がある場合は、プロバイダを変更してしまうのがもっともわかりやすい対処法です。

ただし、今利用しているプロバイダを解約する際は、解約金が発生する可能性があります。

一定期間以上利用していれば、解約金を支払わずに解約できるような場合もあります。解約金の有無やその条件などについては、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

3. セキュリティソフトをチェックする

多くの方が、パソコンにセキュリティソフトをインストールしているでしょう。そして、そのセキュリティソフトが原因で通信速度が遅くなってしまうことがあります。

設定を見直したり、一度動作を停止させたりすれば、回線速度が改善することも多いです。

また、複数のセキュリティソフトをインストールしており、どちらも稼働しているときは回線速度が遅くなることがあります。

稼働させるのをひとつのソフトに絞って、それ以外のソフトをアンインストールするとよいでしょう。

4. パソコンを高スペックのものに買い替える

どれだけ回線速度が速かったとしても、パソコンのスペックが低いとその性能を引き出すことができません。

適切なスペックは、通信環境によっても異なります。しかし、パソコンの性能は5年10年経てば別物といってもよいぐらい変わるものです。

10年以上前から使用しているパソコンの場合、買い替えを検討するほうがよいでしょう。

Wi-Fiの速度が遅くなる場合は状況に応じて対処しよう

Wi-Fiの速度が夜遅くなってしまうのは、アクセス増が主な理由だと考えられます。

夜以外にも速度が遅くなるとすれば、回線やプロバイダに問題が生じていたり、パソコンのスペックが低かったりといった理由が考えられます。

Wi-Fiの速度が遅くなってしまう理由はさまざまです。きちんと原因を把握したうえで、適切に対処しましょう。

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ