通信費を節約するにはスマホやインターネットの使い方を考えよう!

スマートフォンの普及によってインターネットに接続する時間が増大してきている現在、通信費の増加にお困りの方も多いと思います。通信費は毎月発生する固定費なので、うまく削減することができればその効果は今後ずっと続き、家計の負担をグッと抑えてくれることでしょう。

本記事では、スマートフォンの費用やインターネット代を節約するためのポイントや、その際の注意点などについて解説します。

通信費節約はスマートフォンやインターネットの費用を抑えることが重要

「通信費」には主に電話代やインターネット代、郵便料金などが含まれますが、この中で多くの割合を占めているのは、電話代やインターネット代でしょう。

最近では自宅に固定電話を置かない方もふえてきていますが、その代わりにスマートフォンで電話をしています。

また、パソコンやスマートフォンで日常的にインターネットに接続している方も多いです。

そのため通信費の節約を考える場合には、まず何よりもこの2つを見直すことが重要になります。

スマートフォンの費用を抑えるための3つのポイント

スマートフォンの費用を抑えるためのポイントとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

・料金プランを見直す

・本体代金が安いものを利用する

・格安SIMに乗り換える

それぞれのポイントについて、説明します。

①料金プランを見直す

スマートフォンには、「通話やインターネット接続し放題のプラン」や「利用したデータ量に応じて段階的にお金がかかるプラン」など、さまざまな料金体系のプランがあります。

スマートフォンを利用する頻度が高いのであれば、制限なしのプランを利用するのがお得ではありますが、人によってはプランを見直すことで今よりも支払う金額を少なくできる可能性があります。

とくに、「契約時に言われるがままプランを選んでいた」というような場合は、自分のスマートフォン利用状況に応じたプランに選びなおすことで、通信費を大幅に節約できるかもしれません。

②本体代金が安いものを利用する

スマートフォンの本体代金を割賦払いにしている場合、毎月の通信費にスマートフォンの本体代金分を上乗せする形で支払わなければなりません。

最近のスマートフォンは高性能化が進んでいるため、本体代金も右肩上がりになっています。

最低限の機能が揃っていればよいという場合、スマートフォンを買い替えるときに少し前の世代のものを選ぶことで本体代金を抑えられるので、毎月の出費を多少なりとも抑えられるでしょう。

③格安SIMに乗り換える

格安SIMを利用して、スマートフォンのキャリアをNTTドコモ・ソフトバンク・auのいわゆる「三大キャリア」から乗り換えることで、通信費の大幅な値下げが期待できます。

どのようなプランを選ぶかにもよりますが、通信費を今までの半額以下に抑えられることも十分ありえます。

以前、格安SIMは通信速度などの点で不安を抱えることも多かったですが、最近ではそういった点も改善されており、大手キャリアから乗り換えても使い心地にほとんど差がないので、安心して乗り換えることができるでしょう。

インターネット代を抑えるための3つのポイント

インターネット代を抑えるためのポイントとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

・回線やプロバイダを変更する

・オプションなどを見直す

・他のサービスとまとめることで割安で契約する

それぞれのポイントについて、説明します。

①回線やプロバイダを変更する

インターネット接続に用いている回線やプロバイダを変更することは、月々の通信費の節約に大きな効果があります。

月額料金が今より低いところを選ぶことはもちろん重要ですし、契約時にキャンペーンを行っているようなところもおすすめです。

②オプションなどを見直す

スマートフォンと同様に、インターネットの契約にもさまざまなプランがあり、オプションがいくつも付帯しているようなものもあります。

ケーブルテレビを見られるようになったり、トラブル時のサポートを受けることができたりなど、オプションの内容はさまざまですが、いざ契約したのはいいものの、あまり利用していないようなオプションがあるかもしれません。

そういったオプションを見直して解約することで、月々の節約費を削減できる場合があるでしょう。

③他のサービスとまとめることで割安で契約する

インターネットの通信業者の中には、固定電話やケーブルテレビといったほかのサービスを提供しているところもあります。

もしそういったサービスを別の業者と契約しているのであれば、各種サービスをひとつの業者に集約して契約することで、料金が割安になる場合が多いです。

ひとつの業者にまとめておくと、契約更新の手続きも一度で済むので手間を省けるという点でもおすすめです。

回線の安さと速度はトレードオフの傾向にあることには注意

最後に回線を変更する場合の注意点についてひとつ触れておきますが、インターネットの回線にはさまざまな種類があり、通信速度もまちまちです。

実際に契約して利用してみないと、下り上りともにどれくらいの速度が出るかわからないことが多いですが、料金の安さと速度は得てしてトレードオフの関係になることが多いです。

現在光回線を利用している場合、回線の見直しでADSLの回線に変更するようなことはないとは思いますが、今よりも極端に安い料金の回線に関しては、速度が遅いことを疑ったほうがよいかもしれません。

通信費は抑えられたものの、通信に時間がかかってストレスが溜まるようになってしまうと、また別の問題が発生してしまいます。

通信費の節約にはスマートフォンやインターネットの契約の見直しが有効

通信費を節約するためには、現在のスマートフォンやインターネットの契約を見直すことが有効であることが多いです。

スマートフォンであればプランの変更やキャリアの乗り換え、インターネット契約であればオプションの見直しや回線・プロバイダの変更などによって通信費を削ることができれば、その効果は今後も続くので、トータルでの出費をグッと抑えられるでしょう。

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ