Wi-Fiの速度を上げる方法は?遅い原因と改善方法について徹底解説!

Wi-Fiの速度が遅い原因としては、「ルーターの設置場所」「ルーターの使い方や機能」これらが問題となっている可能性があります。

この記事では、Wi-Fiの速度を上げる簡単な方法と、Wi-Fiが遅い原因と改善方法について解説します。

自宅Wi-Fiの速度を上げたいなら設置場所を変えてみよう

Wi-Fiの速度が遅いと感じた時、一番簡単にできる対処法が、Wi-Fiルーターの設置場所を変えることです。

Wi-Fiルーターの設置場所としては、下記の条件が揃った環境が理想的です。

・Wi-Fiを遮るような障害物、電波を発する機器のない場所
・床ではなく、机の上などの安定した場所
・パソコンやスマートフォンなどの利用端末の側

ルーター本体に問題がなければ、これらの条件を満たす場所に設置するだけで、Wi-Fiの速度を上げられるでしょう。

自宅Wi-Fiの速度が遅くなる7つの原因

次に、自宅Wi-Fiの速度が遅くなってしまう7の原因について詳しく解説します。

原因を理解し、正しい対処をすることで、Wi-Fiの速度を上げることができるでしょう。

1. Wi-Fiルーターと端末の間に障害物があると電波を受信しづらい

Wi-Fiルーターと利用する端末の間に障害物があると、Wi-Fiの電波が受信しにくくなるため、速度が遅くなる原因となります。

壁や本棚で遮られている時はもちろん、Wi-Fiルーターを収納棚にしまっている時も注意が必要です。

特に、金属は電波を吸収しやすい性質があるため、スチール製の収納棚などにWi-Fiルーターを入れないようにしましょう。

2. Wi-Fiルーターを床に直接置くと電波が乱反射する

Wi-Fiの電波はルーターを中心に、円を描くように発生します。

そのため、Wi-Fiルーターを直接床に置くと、電波が乱反射したり、床材が電波を吸収したりするため、通信速度の低下に繋がります。

Wi-Fiの電波が部屋の隅々まで届くように、床から1m以上の高さがある場所にルーターを置きましょう。

3. Wi-Fiルーターを水回りに置くと電波が弱まる

電波は水中を通ると減退する性質があるため、Wi-Fiルーターをキッチンや水槽の側に置くのも良くありません。

また、速度の問題だけでなく、Wi-Fiルーターなどの精密機器は水分に弱く、水回りに置くと故障の原因となる可能性があります。

水気の多い場所は、避けるようにしましょう。

4. Wi-Fiルーターとデバイスが離れていると電波が弱まる

Wi-Fiの電波は、障害物のない直線距離で50~100m程度届きます。

ですが、距離が遠くなればなるほど、電波は弱まってしまいます。

さらに室内は、壁などの障害物があるため、なおのこと、電波が弱まりやすい環境といえるでしょう。

そのため、Wi-Fiルーターとデバイスの間に距離があると、通信速度が遅くなる原因となってしまいます。

5. マイクロ波を発する機器の近くは電波干渉を起こす

Wi-Fiの電波はマイクロ波と呼ばれ、主に2.4GHz帯、5GHz帯、60GHz帯の3種類があります。

このうち、2.4GHz帯の周波数は、電子レンジやIHクッキングヒーター、Bluetooth接続をする機器など、Wi-Fi以外にも広く活用されています。

そのため、上記のような機器の近くにWi-Fiルーターを設置すると、電波同士がぶつかりあい干渉する「電波干渉」を起こすため、通信速度が低下してしまいます。

6. Wi-Fiルーターの接続台数上限を超えている

Wi-Fiルーターには、同時に接続できる「最大接続台数」が決まっており、上限以上の端末を接続すれば、速度が遅くなるだけでなく、通信が途切れる原因にもなります。

例えば最大接続数が10台のルーターでは、家族全員がスマートフォンとタブレット、パソコン、携帯ゲーム機などを同時に接続すれば、簡単に上限を超えてしまいます。

端末上限数や推奨数はルーターにより異なりますので、確認してみましょう。

7. 大容量通信を複数の端末で同時に行っている

端末の接続台数は適正でも、複数台同時に大容量通信を行っていると、Wi-Fiの速度が低下する場合があります。

例えば、ストリーミングと、オンラインゲーム、ビデオ通話を同時に行っていると、Wi-Fiに通信負荷がかかり速度が低下しやすいといえます。

また、インターネット利用者が多く、回線が混雑する夜間や土日は、特に速度の低下を感じやすいでしょう。

自宅Wi-Fiの速度を改善する方法7選

自宅Wi-Fiの速度が遅い原因が分かったら、改善するための方法を試してみましょう。自宅Wi-Fiの速度を改善する7つの方法について解説します。

1. 接続が安定する場所にWi-Fiルーターを設置する

Wi-Fiルーターは家の中で最も接続が安定する場所に設置しましょう。

具体的には、周囲に電波を遮ったり、乱したりするもの(壁・床・電子機器・水槽など)がない場所に設置しましょう。

また、Wi-Fiを使う人が限られている場合は、端末の側に設置すると速度の向上が期待できます。

家族全員が各自の部屋でWi-Fiを利用しているなら、家の中央にWi-Fiルーターを設置すると、電波を均等に届けることができるでしょう。

2. 中継器を利用し電波の範囲を拡大する

もし、ルーターの設置場所を変えても繋がりづらい部屋がある場合は、中継器を利用して電波が届くエリアを拡大するのも方法です。

中継器とは、Wi-Fiの電波をキャッチし中継することで、インターネットに繋がりやすくする機器のことです。

家の中で、特にWi-Fiが繋がりにくい場所がある場合は中継器を活用してみましょう。

3. 電波干渉の少ないWi-Fiルーターを選ぶ

家の中に電波を発する家電が多い場合、電波干渉の少ない5GHz帯が使えるWi-Fiルーターにすることで、通信速度を改善できるでしょう。

特に、5GHz帯を利用する機器は、無線LANのみと言っても過言ではないため、家電(2.4GHz帯)からの電波干渉を軽減できます。

もし、2.4GHz帯のみ対応したWi-Fiルーターを使っているなら、5GHz帯も使えるものへ買い換えも検討してみましょう。

4. 同時に接続する台数を制限する

Wi-Fiルーターの接続可能台数を超えて端末を接続している場合は、各自がWi-Fiを利用する時間をずらすなどして、接続台数を制限しましょう。

また、端末のWi-Fi自動接続設定が「オン」になっていると、使っていない端末も勝手にWi-Fiに接続してしまいます。

そのため、設定画面からWi-Fi自動接続を「オフ」に切り替え、使う時のみ手動で接続し、台数を制限しましょう。

5. 接続可能台数の多いWi-Fiルーターに買い換える

もし、Wi-Fiに接続する機器の台数制限が難しいなら、接続可能台数の多いWi-Fiルーターに買い換えるのも、速度を向上する方法です。

製品により異なりますが、25~35台程度、同時に接続できるWi-Fiルーターもありますので、自宅で利用している端末の台数を目安に検討するとよいでしょう。

6. Wi-Fiルーターのメンテナンスを行う

Wi-Fiルーターの内部には、「ファームウェア」という、システムを制御するソフトウェアが入っています。

このファームウェアは、不定期で新しいバージョンが配信されるため、その都度アップデートが必要です。

アップデートすることで、セキュリティ対策の強化や、通信速度の向上が計れます。

具体的な方法については、各メーカーのHPを確認してください。

7. 古いWi-Fiルーターは買い換える

改善方法を試しても思うようにWi-Fiの通信速度が改善しない場合は、Wi-Fiルーターの寿命かもしれません。

一般的に、Wi-Fiルーターの寿命は4~5年程度とされ、それ以上経過していると、速度が遅くなってしまうだけでなく、セキュリティ面も脆弱な恐れがあります。

古いWi-Fiルーターを使っているなら、新しいものに交換するだけでも、通信速度の改善を計れるでしょう。

自宅Wi-Fiが原因ではないインターネットの速度低下にも注意しよう

インターネットの速度が遅い原因は、必ずしもWi-Fiルーターだけではありません。

例えば、下記の理由から、通信速度が遅くなってしまうこともあります。

・インターネット回線のトラブル
・パソコンやスマートフォンのメモリが不足している
・OSのバージョンアップをしていない
・利用しているデバイス自体が古い
・端末の熱暴走
・プロバイダーの通信速度が遅い

以上のように、インターネットの速度が遅い場合、Wi-Fiルーター以外の原因も多数あります。

有線LANケーブルで通信速度低下の原因を突き止めて対処しよう

もし、有線LANケーブルが自宅にあるなら、一度端末を繋ぎ、動作を確認してみましょう。

・有線LANケーブルに繋ぐと、通信速度が上がるなら、Wi-Fiルーターが速度低下の原因と考えられます。
・有線LANケーブルに繋いでも、通信速度が改善しないなら、端末やプロバイダーが、速度低下の原因の可能性が高いでしょう。

どちらに速度低下の原因があるか判断した上で、適切に対処しましょう。

Wi-Fiが遅い原因を確かめて改善しよう

Wi-Fiの速度が遅くなる原因としては、設置場所の問題と、Wi-Fiルーターの性能の問題が上げられます。

そのため、電波を遮らない場所にWi-Fiルーターを設置したり、Wi-Fiルーター自体を買い換えたりすることで、通信速度を上げることができるでしょう。

もし、改善方法を試しても速度が上がらない場合は、Wi-Fiルーター以外に原因があるかもしれませんので、端末やプロバイダーを確認するとよいでしょう。


skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ