skyberry

留学中にスマホはどうすればいい?現地でのスマホ利用方法について解説!

日本での生活でもなくてはならないスマホですが、留学先でもスマホはマストなアイテムです。
スマホさえ使える状態にしておけば、留学先でわからないこと・困ったことがあっても、かなり力強い味方になります。

しかし、留学中はどのようにスマホを使えばよいのでしょうか。

今回はこれから留学を控えている方のために、留学先でスマホを利用する方法について解説します。

今まで使っていたスマホを使うべき?

海外でスマホを利用する際の注意点

スマホが普及する前は日本で使っていた携帯電話を海外で使うには別途契約が必要だったり、高い通信量がかかったりしていました。

しかし、今スマホはWi-Fiがあれば大抵の機能は使えます。日本で使っているスマホを海外に持って行っても、Wi-Fiさえあれば電話機能以外は基本的に使えます。電話機能の代わりとなる通話アプリもあるので、期間によっては今使っているスマホをそのまま持っていくだけでも問題ありません。

留学には色々なお金がかかりますから、日本で使っているスマホが使えるなら現地でもそのまま使用した方が節約にもなります。

留学生活が長くなるなら現地の電話番号はマスト

ただ海外で何の契約もしていない状態で日本のスマホを使うと、現地の電話番号を持っていないことになります。1〜3ヵ月程度の留学であれば、現地の電話番号がなくてもそれほど困ることはないかもしれません。ただ長期の留学となると、現地の電話番号はマストです。公的な機関への登録や銀行などでのアカウント開設など、ありとあらゆる場面で現地の番号が求められます。

現地の電話番号を取得できるアプリも国によってはあるのですが、無料で取得できる番号はスパム電話がかかってきてしまうことも有るので注意が必要です。

SIMロック解除で日本のスマホを留学先で使える

日本では2015年5月からキャリアで契約しているスマホも、SIMロックが簡単に解除できるようになりました。そのため日本で使っていた携帯電話をSIMロック解除しておけば、現地で海外SIMを入れて使うこともできます。海外SIMを入れれば現地の電話番号が取得できます。

全てのスマホに現地のSIMが対応しているとは限らない

ただし気をつけておきたいのは、日本で取扱いのある全てのスマホが海外SIMに対応しているとは限らないということです。SIMフリーにすれば海外SIMを入れても問題なく使えている場合がほとんどですが、日本で販売されているスマホは日本で使用することを前提にされているので、海外SIMに対応するかどうかは保証されていません。

留学先でスマホを利用する方法5選

留学先でスマホを利用する5つの方法

では日本で使っているスマホを現地で利用する方法を4つ紹介します。これから留学する予定の方はチェックして必要な準備をしておきましょう。

1. 日本のキャリアの契約のままで使う

日本で契約しているキャリアをそのままの状態にして、現地で使用するのが1つ目の方法です。大手キャリアであれば海外ローミングはできますし、格安キャリアの一部でも海外ローミングが可能なものもあります。海外ローミングの場合、通信量の高さが問題となっていましたが、最近は海外ローミング用の割安プランもあるので、きちんと契約していけばとんでもない額を請求されることはまずありません。

ただ日本で契約しているキャリアの場合、電話番号は日本の電話番号のままです。現地で国内通話をする場合や、現地の電話番号が必要な場合は電話番号取得アプリを使って番号を入手する必要があります。

2. 現地のフリーWi-Fiを使う

現在使っているスマホのキャリアを一時的に停止もしくは解約して持っていき、現地でフリーWi-Fiを拾ってスマホを使うという方法もあります。日本で契約している場合、大手キャリアであれば一定の年数以内であれば利用の停止が可能です。その期間は日本で使用していた番号をキープできます。

国にもよりますが海外にはフリーWi-Fiがたくさん飛んでいるので、それを利用すれば契約しなくてもスマホは使えるでしょう。ただしフリーWi-Fiは電波が不安定な場合も多く、セキュリティが弱いというデメリットもありますので注意が必要です。

3. SIMフリーのスマホに海外のSIMを入れる

日本で使っているスマホがSIMフリーであれば、現地で海外SIMを購入して入れ替えることで利用ができます。日本のキャリアでスマホを購入した場合は、SIMロック解除が必要です。

現地で購入する海外SIMは旅行者や短期滞在者向けのものと、現地キャリアが販売しているプリペイドもしくは月額制の契約があります。安定した通信を行いたい人や留学が長期間の人であれば、現地キャリアが販売しているプリペイドか月額制のSIMがおすすめです。ただ国によっては留学生が月額制のSIMを契約できない場合もあります。

ただ前章でもお話しした通り、日本で販売されているスマホが必ずしも海外SIMに対応していないということは理解しておきましょう。

4. モバイルWi-Fiを持っていく

日本でモバイルWi-Fiをレンタルして、現地に持っていくという方法もおすすめです。モバイルWi-Fiがあれば、町中でフリーWi-Fiを探し回る必要もありませんし、セキュリティも安心できます。現地に着いた瞬間から使えるので、空港でモバイルWi-FiをONにすればすぐに普段通りにスマホが使えて便利です。モバイルWi-Fiレンタルは数ヵ月〜1年程度なら割安プランもありますので、一度チェックしてみてください。

ただし割安プランのなかには1日に使用できるデータ量が少ないものもあります。契約する前にはその点に関してもチェックしておきましょう。

5. 現地でモバイルWi-Fiを購入する

現地で海外SIMを購入するのではなく、モバイルWi-Fiを購入するという方法もあります。現地でモバイルWi-Fiが販売されており、月額制もしくはプリペイドで利用できるというものです。この方法であれば、「日本で使っているスマホに海外SIMを入れたけれど対応していなかった」というリスクが避けられます。

セキュリティも万全ですしパソコンでも使用できるので、便利な方法のひとつと言えるでしょう。

スマホの利用法は留学期間によって決めるのがおすすめ

留学中にどうやってスマホを利用するかは、どれくらいの期間留学するかによって決めるのがおすすめです。Wi-Fi、SIMフリーの普及で、スマホを海外で利用する方法はさまざまなものがありますが、コストや利便性は海外に滞在する期間によって異なります。

海外の生活が長くなるのであれば現地の電話番号があったほうが便利です。ただそれほど長くないのであれば、日本のキャリアをそのまま使ったり日本でモバイルWi-Fiをレンタルして使ったりした方が、手間がかからず便利でしょう。

留学前にどのように現地でスマホを使うか決めておこう

留学先でもスマホの重要性は日本と同じくらい高いです。まだ言葉もうまく話せなかったり土地勘がなかったりするうちは、日本以上にスマホの必要性を感じるでしょう。

現地に行った後で困ってしまわないように、留学に行くなら出発前にスマホをどのように利用するか考えておくことをおすすめします。今使っているスマホをSIMロック解除するなら、時間に余裕を持って手続きを進めておきましょう。

まとめ(よくある質問)

今まで使っていた携帯を、そのまま留学先で使用できますか?

海外でも、Wi-Fiがあれば現在の携帯をそのまま使用することは可能です。しかし、長期の留学時には現地の電話番号が必要になったり、SIMロック解除をしても全てのスマホが海外SIMが対応しているとは限らないので、留学期間やお持ちのスマホのSIM対応の確認が必要です。

留学先で継続してスマホを利用する方法を教えてください。

留学先で継続してスマホを利用するには、「日本のキャリアの契約のままで使う」「現地のフリーWi-Fiを使う」「SIMフリーのスマホに海外のSIMを入れる」「モバイルWi-Fiを持っていく」「現地でモバイルWi-Fiを購入する」の5つの方法があります。

\多彩な国内プランの詳細を確認する/

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ