Wi-Fiのパスワードを共有する方法とは?確認方法も紹介!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

スマートフォンやタブレットを高速通信で、ネット利用することができるWi-Fiは、日常生活において欠かせない存在となっています。そんなWi-Fiですが、大人数で利用するためには、パスワードを共有する方法が有効です。

Wi-Fiのパスワードを共有する方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

Wi-Fiのパスワード確認方法

Wi-Fiのパスワードは、どのような方法で確認することができるのでしょうか。確認方法について紹介していきます。

・ルーターのラベル

Wi-Fiの種類にもよりますが、基本的にはルーター本体の底面や背面に貼られているラベルに、SSIDと一緒にパスワードが記載されています。

他にも、説明書の中にパスワードが記載されていることもあるので、確認することが可能です。

・Wi-Fi接続している機器で確認

Wi-Fiルーターは各種設定をパソコンなど、接続している機器から確認することができます。メーカーによって、設定画面を開く方法は微妙に違いますが、指定のアドレスを入れることで、専用ソフトから設定画面を開くことが可能です。

設定画面からパスワードを確認することができるので、Wi-Fiのパスワードがわからなくなった時は、設定画面から確認するといいでしょう。

Wi-Fiのパスワードを共有する方法

Wi-Fiのパスワードを共有すれば、多くの端末機器でネット通信を行うことができます。家族でパスワードを共有すれば、ゲームや動画など、それぞれで楽しむことが可能です。

Wi-Fiのパスワードを共有する方法について、詳しく紹介していくので、参考にしてみてください。

・パスワードを入力する

Wi-Fiのパスワードを共有するためには、まずパスワードを把握しなければなりません。またSSIDも把握しないと、ネット接続することができないので、SSIDとパスワードの2つを調べる必要があります。

SSIDはWi-Fi接続しようとする、電波が届く範囲内であれば、自動的に表示されるので、すぐにわかるでしょう。

ただパスワードについては、英数字が10桁以上の複雑なものであることから、事前にパスワードを調べておかないとパスワードを共有することはできないでしょう。

Wi-Fiルーターが近くにあれば、SSIDやパスワードを記載されたラベルシールを確認することができるので、チェックすればWi-Fiを共有して利用することができます。

・パスワード共有機能を使用する

共有したい機器がiPhoneであれば、接続しているiPhoneを近付けることで、Wi-Fiパスワードを共有することができます。

共有方法としては、接続していないiPhoneでWi-Fiパスワード入力画面を開き、すでにパスワードを接続しているiPhoneに近づけることで、共有元のiPhoneに「共有しますか?」と表示されるので、「パスワードを共有」をタップすることで、Wi-Fi接続することが可能です。

このパスワード共有方法であれば、相手にパスワードを伝える必要なく、Wi-Fi接続することができるので、パスワードが漏洩して悪用される心配がありません。

ただパスワード共有機能を利用するためには、お互いのiPhoneに連絡先を登録する必要があります。どちらか一方だけが登録している状態では、パスワード共有機能を利用することができないので、注意しましょう。

Wi-Fiパスワードを共有する時の注意点

Wi-Fiパスワードを共有すれば、家族でWi-Fiを利用することができるので便利です。しかし注意しないといけない点があるので、事前に把握しておく必要があります。

どのような注意点があるのか紹介していきましょう。

・意図しない共有に注意

Wi-Fiを利用する家庭は、年々増加傾向にあり、ゲーム機などに接続する子供も増えています。公共エリアではないことから安心してしまうこともありますが、自宅内でもWi-Fiの電波は様々飛び交っている状態にあるのです。

そのため、電波が届く範囲であれば、悪意のある第三者が侵入することもできます。第三者が侵入し、意図しない共有があれば、不正アクセスされてしまう恐れもあるので注意しましょう。

・フリーWi-Fiに注意

公共施設などで、無料で提供されている「フリーWi-Fi」は、誰でも使用することができます。パスワードが必要ないことから、様々な方や機器が同時に接続することが可能です。

その中に、不正にアクセスすることで、個人情報を抜き取ることを目的に、悪意のあるウイルス感染を実行する者もいます。フリーWi-Fiは、手軽であることから、セキュリティ面が脆弱であることもあるので、利用する場合は注意する必要があるでしょう。

使用する必要がないのであれば、極力使用しない方が賢明です。

Wi-Fiパスワードを共有すれば様々な使い方が実現

Wi-Fiパスワードを共有することができれば、家族で気軽にネット通信することができます。ゲームやネット検索、動画の視聴といった目的に合わせて、インターネット接続することができるので便利です。

パスワード共有する方法は、今回紹介した内容で実現することができるので、ぜひ一度検討してみてください。

ただ悪意のある不正アクセスを受けないように、細心の注意を払うことも大切なので、パスワードを共有する場合は注意しましょう。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ