skyberry

法人向けモバイルWiFiの選び方について解説

法人でWiFiの契約を検討している場合、場所を問わず気軽に利用できるモバイルWiFiがおすすめです。

近年、さまざまな種類のモバイルWiFiが登場しており、契約形態も複数あります。法人での利用になるのであれば、自社にあったモバイルWiFiを選ぶことが大切です。

本記事では、法人向けモバイルWiFiの契約を検討している方向けに、適切な選び方やメリット・デメリットについて解説します。

法人向けモバイルWiFiを選ぶ際に知っておきたい5つのポイント

法人向けモバイルWi-Fiを選ぶ5つのポイント

法人向けのモバイルWiFiを選ぶ際は、まずこれから紹介する5つのポイントを押さえましょう。

それぞれのポイントについて、細かく解説します。

1. 契約期間に縛りがないか

家庭用の携帯電話やネット回線には、契約期間を2〜3年ほどに設定したものが存在します。
それぞれ、決められた契約期間における商品やサービスの利用を前提とした利用料金に設定されているのが特徴です。

こういった長期契約には、短いスパンでの契約形態とは異なり、料金が安く設定されていたり、端末代が無料だったりといったメリットがあります。

一方で、契約期間内で解約したい場合は違約金や契約解除料として、5,000~3万円程度の費用がかかることがあるので、注意が必要です。
テレワークなどの事情で社員に向けて貸し出すためにモバイルWiFiの利用を検討しているのであれば、こういった契約期間が設定されているものは避けたほうがよいでしょう。

いつまで利用するのかわかっていない状況で契約するのであれば、契約期間に縛りのないWiFiの方が使い回しよく、便利にご利用できます。

2. 支払い方法を要チェック

モバイルWiFiのほとんどが、クレジットカードで利用料金を支払うようにされています。
法人での利用となると、税務処理のために請求書での支払いを選びたいケースもあるでしょう。

契約前の段階で、どういった支払い方法を選べるのか、その後の税務処理なども踏まえて確認することをおすすめします。

3. 1つの契約で複数台契約

一般的な個人用のモバイルWiFiだと、1つの契約につき1台の端末での利用となります。
法人で契約したい場合、複数台での利用となることは珍しくないでしょう。

端末1つずつにつき契約をそれぞれ結ぶのは、とても面倒で煩わしく感じられてしまうかもしれません。
法人でモバイルWiFiを利用するのであれば、1つの契約で複数台契約が行えるサービスを選ぶことをおすすめします。

個人向けのモバイルWiFiだと、設定されている価格の安さやキャッシュバックが目に付くかもしれません。
しかし法人で使用することを考えるのであれば、しっかりと使用したい条件に適しているかを検討するべきです。

とくにキャッシュバックについては、税務処理のなかで収入になる場合があります。
1つずつ契約すれば、その分税務処理の手間も増えてしまうでしょう。

4. 初期契約解除制度が適用されない

これは、法人でモバイルWiFiを利用する都合上、留意しておかなければいけない内容です。
個人向けのモバイルWiFiだと、サービスに満足できなかった場合、契約して7日以内であれば契約解除料をかけずに解約が行えます。

このことは「電気通信サービスと消費者保護ルール」のなかで定められています。[注1]
これは、クーリングオフに近いものとして理解しておくとよいでしょう。
しかし、法人でモバイルWiFiを利用する場合、この初期契約解除制度が適用されません。

そのため、実際に契約を結ぶ前に、そのモバイルWiFiで本当によいのかよく検討する必要があります。
法人向けモバイルWiFiを提供しているサービスでは、契約前に試用できるものもあるため、十分に吟味してください。

[注1]総務省|消費者保護ルール
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/shohi.htm

5. 複数社の詳細情報を比較する

法人での利用を前提としたモバイルWiFiは、そこまで多くネット上で情報が掲載されていません。
自社に適したものを利用するには、複数社の詳細情報を比較することが大切ですが、そのためにはできるだけ多くのサービスを知ることが必要です。

先述の契約期間や支払い方法、複数台契約についてなど、法人でモバイルWiFiを利用する際は、前提として確認しておきたい部分がいくつもあります。
加えて、利用する条件に適したサービスを吟味して選ばなければならないため、慎重に検討するようにしてください。

法人向けモバイルWiFiを利用するメリットとデメリット

法人向けモバイルWi-Fiを利用する際のメリットとデメリット

会社側から社員に向けてインターネットを利用できる環境を提供したいと考えるとき、いくつかの選択肢が考えられます。
そのうちの1つとしてモバイルWiFiは挙げられるでしょう。

ここでは、法人向けモバイルWiFiを選ぶ際の判断材料となる4つのメリットと3つのデメリットについて、詳しく解説します。

メリット1. 使用するための工事が不要

モバイルWiFiを利用する最大のメリットともいえるのが、使用するために工事が不要な点です。
個人や法人向けを問わず、固定回線の場合は使用する環境を用意するために工事が必要となります。

工事は大掛かりになる場合もあり、例外を除いて工事を行うスタッフに実際に来てもらわなければいけません。
混み合う時期に重なると、何週間も待たされてしまうこともあります。

モバイルWiFiであれば、契約してからプロバイダから端末が発送され、届いて設定を行えばすぐに使用が始められます。
場合によっては即日発送で翌日からもう利用できることもあるでしょう。

とにかく利用開始までのスピードは、モバイルWiFiが最速です。

メリット2. 場所を問わずに利用できる

固定回線では、環境を用意した場所でしかWiFiの通信が行えません。
モバイルWiFiでは、端末さえあれば場所を問わず自由にインターネットへの接続が可能です。

とくに社外で移動が伴うのであれば、そのメリットが大きく感じられるでしょう。
国内だけでなく、海外での利用も前提としたものも存在します。

メリット3.データ通信量の節約

モバイルWiFiを利用すれば、パソコンやスマートフォンなど、さまざまな媒体を利用してインターネットへの接続が行えます。
スマートフォンを利用する際もモバイルWiFiを介しておけば、その分データ通信量の節約が可能です。

会社用としてスマートフォンを支給している場合、モバイルWiFiと合わせて利用するのであれば、前者の利用プランをより安いものに乗り換えるという選択肢が検討できます。

メリット4. 1つの端末で複数台の利用が可能

モバイルWiFiは、1つの端末だけでの1台だけしか接続できないわけではありません。
契約形態や利用する端末にもよりますが、1つのモバイルWiFi端末を介して複数台のインターネット接続が可能です。

台数制限に注意しなければいけませんが、パソコンでの作業を行いながらスマートフォンやタブレットでの同時接続も可能であることを覚えておきましょう。

デメリット1. 持ち運びの手間や紛失のリスク

モバイルWiFiは、端末を介することでWiFi接続が可能となります。
逆にいえば、その端末が自分の側にある必要があり、場所を移動して利用したいのであれば、一緒に持ち出さなければいけません。

しかし、この持ち出しのみに限ればそこまで大きなデメリットに感じることはないでしょう。
モバイルWiFiの端末自体は小型でスマートフォン程度からさらにそれよりも小さいサイズであることが多いためです。

注意したいのは、紛失や盗難のリスクです。
端末を紛失してしまえば、当然WiFi接続が利用できなくなります。

また、端末自体も安価なものではありません。
プロバイダから借りている端末の場合、紛失や盗難によって返却が困難になると、修理代金や再調達代金がかかります。

対策として、利用する際に紛失や盗難補償に加入しておくことが考えられます。
ありえないこととは考えず、万が一の事態に備えるようにしましょう。

デメリット2. 場所によっては接続が不安定になる

モバイルWiFiは場所を問わずに使用できるのが大きなメリットですが、どこでも安定して接続できるとは限りません。
条件次第では接続が不安定になるケースがあります。

たとえば、自宅などで使用する場合、壁を隔てて通信が不安定になる場合があります。
このほかにも、電子レンジによる影響も考えられます。

また、対応エリア外だと通信が行えず圏外になったり、通信障害が発生したりといった可能性もあります。

デメリット3. 使用するには充電が必要

端末を稼働させるには電力が必要であるため、使用するには十分に充電をしておかなければいけません。
長時間外に持ち出して利用する場合、途中で充電が尽きてしまうこともあるでしょう。

対策としては、モバイルバッテリーとの併用がおすすめです。

法人向けのモバイルWiFiなら「スカイベリーWiFi」がおすすめ

法人向けモバイルWiFiを選ぶ5つのポイントや、メリット・デメリットを解説しました。
持ち歩きが必要、充電が必要といったデメリットはあるものの、工事不要ですぐに接続できることは大きなメリットでしょう。

法人向けのWiFiをお探しの方におすすめしたいのが「スカイベリーWiFi」です。
スカイベリーWiFiが法人向けWiFiにおすすめな理由として、プランを自由に設定 できる点です。

法人向けWiFiの契約が初めての場合でも、通信コンシェルジュが最適なプランをご提案します。
使用環境の変化や、海外向けプランへの変更など、柔軟な対応が可能です。

日本だけでなく国外での利用も想定したサービスとなっており、全10プランのなかから最適なものを選んでいただけますので、ぜひお気軽にお問合せください。

\多彩な国内プランの詳細を確認する/

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ