海外Wi-Fiを利用すると課税対象になる?詳しい内容を解説!

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

旅行先などで、海外Wi-Fiを利用する場合、利用料金は課税対象となるのでしょうか。初めて利用する方は、課税対象になるかわからないという方も多いでしょう。

今回は、海外でWi-Fiを利用する場合、利用料金は課税対象になるのか解説していきます。

海外Wi-Fiは課税対象となるのか?

旅行先でネット通信を快適に利用するため、海外Wi-Fiを利用する方がいますが、その場合は、利用料金は課税対象となるのでしょうか。

結論からいうと、海外の通信を利用する場合は、通信料金は課税対象外となります。ただオプション関係の料金については課税対象なるので注意が必要です。

海外Wi-Fiを利用して課税対象となるのは、受け渡し手数料・宅配料金・安心補償パックなどになります。事前に理解しておき、何が課税対象になるのか把握しておきましょう。

海外Wi-Fiを利用する方法

旅行先で海外Wi-Fiを利用する場合、どのような方法があるのでしょうか。便利にネット通信を利用するためにも、参考にしてみてください。

・フリーWi-Fi

旅行先の国にもよりますが、多くの場合フリーWi-Fiが普及しています。空港やホテル、カフェやレストランなどで、誰でも無料で利用できるので困った時には助かるでしょう。

ただ電波が弱いことから、接続が不安定になったり、肝心な時にネットが繋がらないということもあります。

また多くの方が利用するので、余計にネットの繋がりが悪くなる可能性もあるでしょう。

他にも、セキュリティが弱い傾向にあるので、利用する場合は少しの時間に留めておくことが大切です。

・レンタルWi-Fi

旅行先で海外Wi-Fiを利用する方法として、レンタルする方法があります。レンタルWi-Fiは、空港や自宅で宅配してもらうなど、受け取る方法はいくつかあるのが特徴です。

返却も返却ボックスに返すことで、簡単に利用を完了させることができます。ただ返却日を過ぎてしまうと、延滞料金が発生してしまう恐れがあるので返却日には注意が必要です。

・モバイルWi-Fi

快適なネット通信を海外でも期待するのであれば、モバイルWi-Fiを利用する方法があります。モバイルWi-Fiは、国内で利用しているように、海外でも同様にアクセスすることができるので便利です。

セキュリティ面でも、優秀であることから個人情報が流出するといったトラブルを回避することができるでしょう。

外出先で利用することを想定した上で提供されているWi-Fiなので、国内でも外出先でWi-Fiを使用したい方は、利用を検討してみることをおすすめします。

モバイルWi-Fiを利用するならスカイベリー

海外旅行で快適なネット通信を利用したい時に、モバイルWi-Fiを選択するなら「スカイベリー」がおすすめです。スカイベリーのモバイルWi-Fiは、国境を意識せずに使用することができます。具体的に、どのような特徴があるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

・セキュリティ体制が万全

旅行先でフリーWi-Fiを利用する場合は、セキュリティ面に不安な部分があります。しかしスカイベリーのモバイルWi-Fiであれば、パーソバルWi-Fiスポットであるため、個人情報が流出するといったトラブルを抑制することが可能です。

より安全に、海外でネット通信を利用したい方は、スカイベリーのモバイルWi-Fiを検討してみてください。

・高速通信が可能な4G LTE対応

スカイベリーのモバイルWi-Fiは、高速通信が可能な4G LTE対応となっています。快適なネット通信を実現することが可能です。

ネット検索はサクサク行うことができ、動画視聴は止まることなく観ることができます。ストレスなくネット利用することができるので、重宝されるでしょう。

・大容量バッテリー内蔵

スカイベリーのモバイルWi-Fiは、外出先でも利用できるように、大容量バッテリーが内蔵されています。そのため、連続通信時間12時間と、長時間の稼働を実現することが可能です。

ホテルで充電すれば、1日中使用することができるので、どこでも快適なネット通信を実現

することができます。

・面倒な手続きが必要ない

スカイベリーのモバイルWi-Fiは、海外の利用でも面倒な手続きが必要なく、国内の設定のまま利用することができます。

自宅から海外まで、Wi-Fi環境をシームレスに持ち出すことが可能です。国内と同様に、Wi-Fi接続ができるので、旅行先でも便利に利用することができます。

海外Wi-Fiは基本非課税

海外Wi-Fiの利用料金は、海外の通信を利用することから、基本的には非課税となっています。ただオプションなどの費用は、課税対象となっているので、事前に何が課税対象になっているのか確認しておきましょう。

また海外Wi-Fiを利用する方法としては、レンタルWi-Fi以外にも、モバイルWi-Fiを利用する方法もあります。

モバイルWi-Fiであれば、スカイベリーのものが優秀です。セキュリティ面や性能面で、優れていることから、旅行先に持っていくのであれば、スカイベリーのモバイルWi-Fiがおすすめになります。

海外旅行に行く際は、自分のネット利用状況を把握した上で、どのようなWi-Fiが適切なのか検討してみましょう。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ