レンタルwi-fi契約時に充電器のオプションは追加したほうが良い?

※こちらのブログは通信業界歴20年の者が個人の見解で書いたものです※

レンタルwi-fiを契約しようと契約しようと考えた際に悩む方が多いのが、端末を充電するための充電器のほかに、オプションの充電器(モバイルバッテリー)は必要なのか?という点についてです。

海外では頻繁に調べ物をすることもあるため、バッテリーが持つか気になりますよね。詳細をご紹介しましょう。

海外レンタルwi-fiに充電器は必要?

充電器が必要かどうかについては、レンタルする端末によって変わってきます。例えば一度フル充電しても半日程度ですぐに電源が切れてしまうような端末を使う予定なら、やはり充電器はあったほうが良いでしょう。

ですが、モバイルバッテリーなしでも長時間使えるようなタイプなら、必ずしも必須とはいえません。

連続使用可能時間が短い端末を使用する場合でも、ほぼインターネットを使う必要がないのなら使う時以外電源も切っておけば良いわけですし、使い方によっても必要かどうかは変わってきます。

実際に大容量の端末を使っている方の口コミをチェックしてみると、1日使い続けても全く問題なかったといった評判が多いです。

モバイルバッテリーとは?使い方や選び方のポイントも解説

レンタルwi-fiの充電にも使える予備電源の事をモバイルバッテリーと呼びます。コンパクトなものが多いことから荷物にもなりにくく、レンタルwi-fi端末だけでなく、スマートフォンやタブレット、ゲーム機なども充電可能な充電器です。

そのため、レンタルwi-fiの端末自体の容量は十分ではあるものの、頻繁に使うスマートフォンの充電残量が不安といった方は、万が一に備えてモバイルバッテリーを用意しておくのも良いですね。

基本的な使い方

使い方はとても簡単で、各端末に対応したケーブルでつないで電源をオンにするだけです。モバイルバッテリー自体の充電がなくなったら、充電しましょう。

モバイルバッテリー1台で何をどれだけ充電できるかは、商品によって異なります。また、モバイルバッテリーには寿命があり、何度繰り返し利用できるのかは商品によって変わるので注意しておかなければなりません。充電できる容量が減ってきたと感じた時が買い替えのタイミングだといえます。

選び方のポイント

モバイルバッテリーには様々な種類がありますが、容量の多さに注目して選ぶのがおすすめです。

モバイルバッテリーの容量は「10,000mAh」というように表示されています。この数字が多くなるほどスマホなどを充電できる回数、量が増えるため、あまり容量が少ないものは選択しないように注意しましょう。

また、海外旅行に持って行く予定で選ぶのなら、あまり荷物にならないコンパクトなものを選択するのがおすすめ。大きいほど容量も多くなる傾向がありますが、コンパクトで容量が多い商品もあるので、そういったものを選んでみてはいかがでしょうか。

それから、多くのモバイルバッテリーにはリチウムイオン電池が使われているのですが、これは発熱や発火、爆発などを引き起こしてしまう恐れのあるものです。そのため、機内への持ち込み条件が各航空会社によって変わるので、自分が利用する各航空会社のサイトを確認し、持ち込み可能なものを選びましょう。

モバイルバッテリーはレンタルか購入かどちらがよい?

レンタルwi-fiを契約する際に、オプションでモバイルバッテリーを選択する方法のほか、自分で購入して用意する方法があります。どちらが良いかは一概にはいえませんが、自分の場合はどちらが向いているのか判断するために、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

レンタルのメリット・デメリット

日常生活の中でほぼモバイルバッテリーを使用する予定がないのなら、購入よりも1日当たりの利用料金が抑えられるレンタルのほうがメリットがあります。

デメリットとして挙げられるのが、レンタルできるモバイルバッテリーが必ずしも大容量のものとは限らないということ。また、万が一紛失してしまった場合には弁償が必要です。

購入のメリット・デメリット

モバイルバッテリーを使えば、レンタルwi-fi以外にもスマホやパソコンなど様々な電子機器の充電が可能です。海外旅行時だけでなく、日本にいる間も様々な場面で役立ってくれるため、日常的に使いたい方は購入のほうがメリットが大きいといえます。

商品選びを間違えると自分の目的に合わないものを購入してしまう可能性があること、普段利用する予定がない方はレンタルよりも高くついてしまうことがあるのはデメリットです。

充電器が必要かよく考えよう

レンタルwi-fiの容量が少ないタイプのものだった場合、充電器を用意しておいた方が良いです。ただ、大容量のレンタルwi-fiなら充電器がなくても1日中問題なく使えるので、このあたりは自分がどの商品をレンタルするのかによって見極めてみてくださいね。

もちろん、日常使いできることや、災害の時などにも役立ってくれることを考えると、購入したとしても特に大きなデメリットはありません。

万が一のことを考えて普段から持ち歩くのも良いでしょう。

スカイベリーなら、日本も世界もこれ一台。

スカイベリーは日本はもちろん世界150の国と地域で利用できるWiFiサービスです。

面倒な設定は一切不要で高速なインターネットが利用できます。

セキュリティについてもWPA2による暗号化通信を行っており、安心してご利用いただけます。

現在利用している通信料の金額が高い、通信速度が遅い、海外へ出張や旅行へ行く、
テレワークやオンライン授業などでWiFiを検討しているなどのお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

筆者:平島 賢一(男性) 通信業界歴20年

skyberry 国内&海外WiFi

WiFiコラム

ブログ記事一覧へ